【1人で悩まない】FXで失敗した人の末路は?【借金は厳禁】

FXノウハウ

FXは、パチンコやスロットのように依存症になるリスクが高いものです。

誰でも1回のトレードで大金が手に入ると、「才能があるのではないか」と舞い上がってしまいます。

また、日常のお金に対する価値観を捨てきれないと、口座残高の推移で一喜一憂し、メンタルの負担がでかくなります。

この記事は、FXで失敗した人が、失敗する前と後でどのように変わっていったのか、詳しく解説していきます。

1.FXで失敗した人の末路

FX 負ける

FXで儲けたいけど、借金するが怖いと思っている人は多いのではないでしょうか?

投資は自己責任と言われるように、お金持ちになれる可能性を秘めていますが、同時に借金をしてしまう可能性もあります。

借金をしてしまうと、お金のことで悩むことが多くなり、日々の仕事に身が入らなくなってしまいます。

ここでは、実際にFXで借金をしてしまった体験談を引用しました。

クレジットカードのリボ払いに手を出した人の場合

「1回リボ払いをしてしまうと金銭感覚がマヒしてくる」という口コミが多いですね。

投資は自己責任なので、余剰資金で挑戦するのが鉄則です。

不安定な収入でトレードしたり、借金してまでトレードすれば、メンタルに相当の負担がかかります。

まずは、最低限生活できる収入を継続して得ることが大事です。

ギャンブル投資をした人の場合

「一発逆転を狙うのもいいけど、稼げるスキルを身に付けてから」という口コミが多いですね。

投資で稼ぐのはビジネスで稼ぐよりも難しいので、他に収入源があることが大切です。

筆者のおすすめとしては、経費がほぼゼロで済むネットビジネスです。

投資の他に収入源があると、資産を溶かしても再びFXに挑戦できますよ。

フルレバレッジ投資をした人の末路

フルレバは一瞬で大金を得れますが、その反面、一瞬で資産を失うリスクがありますよね。

国内口座では追証があり借金を負うリスクがありますが、海外ではゼロカットがあるため借金を負うリスクはありません。

追証とゼロカットの用語の説明は以下のようになります。

追証とは?

レートが急激に動き、ロスカットが間に合わず、損失を出してしまった場合に顧客に損失分(マイナス残高分)を請求する仕組み

ゼロカットとは?

ロスカットが間に合わず発生した損失分(追証)をFX会社が全額負担てくれるサービス。

基本的に国内FX会社は追証を採用し、海外FX会社はゼロカット制度を採用しています。

FXで資金がショートしやすい人の特徴(まとめ)

https://twitter.com/ohirunetrader/status/1279394176887484416

ギャンブル投資や自分のルールを破ってトレードをすると負けやすいですね。

投資は自己責任と言われるように、自分のルールを守ってトレードすることが大事です。

トレードルールを守るために大事な3つのことをまとめてみました。

1.感情的にならない

2.余剰資金でやる

3.トレード記録をつける

周りの意見に流されず、淡々と自分のルールに従って、トレードすることが大事ですね。

2.FXが危ない3つの理由

FXではレバレッジが高く、少額投資から始められます。

しかし、投機性の強い金融商品のため、損失額は賭けた金額以上になるリスクがあることは忘れてはいけません。

ここでは、特にFXで破産する3つの理由について見ていきましょう。

海外FXでは数百倍のレバレッジがあるため、ギャンブルトレードになりやすいので注意が必要です。

FXはギャンブルと紙一重

負けを取り返そうと、ハイレバでギャンブル投資をしてしまった経験はありませんか?

FXはビギナーズラックで最初、勝つ経験を覚えると、自分のスキルを見誤る可能性が高いです。

初心者がギャンブル投資をしてしまう理由3選についてまとめました。

  • 海外口座は数百倍のレバレッジで取引することができるため、少額資金からギャンブル的に始める人が多い。
  • もともと、ギャンブルが好きな人が多い。
  • 自分の力を過信して、無計画・無勉強でいきなり資金を投下してトレードを始める。

最初はデモ口座で始めるか、少額からトレードをして、スキルを磨いていくのがおすすめです。

資産を取り返そうとすると負ける

あなたは、買い(売り)を入れたら逆方向に相場が動いて、まるで誰かに見られているような感覚を経験したことはありませんか?

投資の世界では、プロの大口が個人トレーダーの動きを察知して、揺さぶり(ダマシ)をかけていくとが頻繁にあります。

大口投資家の罠にはまらないためには、トレードルールと資金管理の厳守徹底が必要です。

負けを取り返そうと思えば思うほど、冷静さを失って負けやすくなります。

勉強無しでは勝てない

FXはいきなりリアル口座で投資をしてしまうと、大きな損失を抱えてしまうことが頻繁にあります。

投資初心者がFXで結果を出すためには、まずは基本的なルールや注文方法を勉強するところから始めてみましょう。

ここでは、基本的な専門用語6選と、FX初心者が最低限覚えるべき注文方法6選について解説していきます。

FX初心者が最低限覚えるべき専門用語6選

【FX用語1】ポジション

保有している売り買いの持ち高。未決済取引のこと。

【FX用語2】レバレッジ

「レバレッジ」は特に金融用語としてよく使われ、少しの力で大きなものを動かせる「てこの作用」の意味になぞらえ、少ない投資金で大きなリターンが得られることを指します。

【FX用語3】ロット

FXにおいて『ロット(lot)』とは、取引単位のことです。

FX取引では、まとまった通貨数量をひとつの単位とし、その倍数で売買が行われることが一般的です。

【FX用語4】証拠金

新たな取引・注文をする場合や、ポジションを維持するために必要な金額です。

【FX用語5】pips(ピプス)

『ピップス』とは、通貨の最小単位を100で割った数値で、為替レートの最小変動単位のことです。アルファベットでpipsと表記することもあります。

複数のレートが関係する外国為替市場では、各通貨の単位を使って価格を表示すると混乱するので、共通の用語としてピップスが使われます。

【FX用語6】スプレッド

為替レートの変化を利用しながら通貨の売り買いをするのがFXですが、この「通貨を売る時の値段(BID)と通貨を買う時の値段(ASK)の差」をスプレッドといいます。

例えば、1ドル110円75銭から79銭の間で取引されている場合、これは1ドルを買う場合の値段が110円79銭で、1ドルを売る場合の値段は110円75銭という意味になります。

FX初心者が最低限覚えるべき注文方法6選

【注文方法1】成行注文=リアルタイムの価格で約定

注文を出したときの為替レートで約定(注文成立)する方法。リアルタイムで売買するときに使う。

【注文方法2】 指値注文=指定価格で約定

「現行レートより安い価格で買いたい」、もしくは「現行レートより高い価格で売りたい」というときに、価格をあらかじめ指定して注文する方法。

【注文方法3】逆指値注文=損切ライン

許容できる損失額やPPISまでの価格ライン。ストップロスと逆の意味。

【注文方法4】IFD注文=新規と決済を同時に注文

新規注文と同時に、その新規注文が成立したら有効になる決済注文を同時に出す方法。

【注文方法5】OCO注文=指値と逆指値を同時に注文

新規注文を出すときに「指値」と「逆指値」の2通りの注文を出す方法。

【注文方法6】IFO注文=新規注文価格にレート→指値と逆指値発動

 IFDとOCOを組み合わせた注文方法。新規注文と同時に、その新規注文が約定したら有効になる、決済用の指値注文と逆指値注文が同時に出せる。

リアルタイムで短期トレードをしているなら、成行注文。

中長期でずっとパソコンに張り付いているわけでない場合はIFO注文がおすすめです。

3.FXで勝てない人の特徴【5つ】

FXで勝てない人の特徴として「冷静さを失っている」ということが頻繁にあります。

感情的に相場分析を判断することは自分の都合のいいように相場を見てしまいがちです。

そこで、FXで勝てない人の特徴を5つまとめてみました。

自分が当てはまる特徴を考察してトレード成績を向上させましょう。

特徴1.感覚でトレードしている

資金管理や自身の手法について、全て感覚でトレードしている人は負けるのは必然です。

すべて感覚で取引を行っていると、まぐれで1、2回勝つことはできても、勝ち続けることはできません。

FXでは儲かっているひとは1割にも満たない厳しい世界です。

必ず、自身のトレードを記録して、同じ間違いはしないようにしましょう。

特徴2.フルレバレッジで取引している

少ない証拠金でポジションを多数保有できるのがフルレバレッジの魅力です。

しかし、常に証拠金維持率が下がり続けるデメリットもあります。

小額投資でのフルレバは証拠金維持率がギリギリになりやすく、負ける確率が高くなります。

レバレッジが高い口座の場合は、ポジションの証拠金維持率を見て、200%以上の証拠金維持率を保持していくことが望ましいでしょう。

特徴3.相場の流れに乗れていない

FXで大金を稼ごうと思っている人ほど、逆張りトレードが最良の方法と思っています。

しかし、逆張りはリスクが高く、また確率的にも当たる確率は低いので素人には不向きです。

トレンドを見極めるためには、時間軸を変えた相場分析に加えて、直近高値安値の切り上げ・切り下げを意識すると判断しやすいですよ。

トレンドフォローはFXの手法としては王道なので、是非覚えておきたいですね。

特徴4.損切りできない(ナンピン含む)

「いつか戻ってくるだろう」と損切りラインを外したり、ナンピンをした経験はありませんか?

損切りラインを外すことは、自身のトレードルールを破っていることと同じです。

注文を入れる際には必ず逆指値(SL)と指値(TP)をいれるようにしましょう。

特徴5.なぜ負けるのか原因を突き止めない

負けトレードの原因をつぶし、負けないトレーダーになることが成功への近道です。

感情的になったり、闇雲にトレードをしていても破産するのがオチです。

トレード日誌をとって、自分のトレードを冷静に丁寧に振り返り、同じ過ちはしないことが重要です。

トレードを記録することはめんどくさい作業ですが、トレード成績が向上すれば楽しくなりますよ。

4.FXで悲惨な末路にならないために

FXは簡単に稼げそうだと思っているかたは注意が必要です。

片手間にやっていたり、感情任せにトレードしていると「あっ」という間に破産してしまいます。

FXで成功を収めるためには、資金管理やトレード記録をつけることは重要です。

ここでは、FXで悲惨な結果にならないための具体的な3つの対策を紹介します。

対策1.トレード記録をつける

最初はつけていたが、今はやっていない、面倒臭くなったから辞めた、という人は多いのでは?

トレードは基本1人でやるものなので、結果を振り返っても、自己満足に終わってしまうケースが多いです。

特に、負けトレードのときは記録をつけるのは憂うつになるでしょう。

ただ、記録をとり続けていると自分の弱点が見つかりやすいですよ。

対策2.資金管理を徹底する

FXに絶対に勝てるテクニカル手法や簡単に儲けらる抜け道は存在しません。

退場していくトレーダーの大半が、資金管理を疎かにしてFXから退場していきます。

投資の世界において、「損小利大」という言葉があるように、損失額を最小にして、利を伸ばすことが大事です。

勝つことよりも、負けないトレードを継続していけば、自分なりの勝ちパターンは見つけられますよ。

対策3.事前学習をしっかりする

FXの基礎的な学習をしないで勝てるほど、FXは簡単ではありません。

FXは、初心者でも取引がしやすい投資である反面、きちんとした知識が無いと多額の負債を抱えてしまいやすくなります。

借金地獄を回避するためにも、まずは基礎的な学習をして、デモや少額からのトレードでスキルを向上させていくことが重要です。

相場とこれから一生付き合っていく気持ちで、長期目線でコツコツ焦らずFXに取り組めるといいですね。

5.FXで借金をしてしまった場合

借金をしても勝てば取り返せると、クレジットカードのリボ払いを多用して借金が返せなくなってしまった。

ストップロスをいれていなくて、取り返しのつかないことになった・・・。

上記のような経験以外にも、FXで借金をしてしまった人は大勢います。

借金で苦しんでいるかたに、日本では次の3つの法的救済措置があります。

3つの法的救済措置について、具体的に解説していきます。

任意整理・個人再生・自己破産の違いは?

借金をしていると、精神的に不安定になり、とにかく1人で延々と悩み続けてしまう傾向があります。

国の救済措置を活用して、とにかく早く借金を返済することが重要です。

借金をしてしまった額や、過去の借金歴、借金の原因などによって救済措置を受けれる種類が変わってきます。

任意整理・個人再生・自己破産の違いについて表にまとめました。

  任意整理 個人再生 自己破産
減額幅 △ 将来利息のカットと過払い金があれば減額 〇 借金総額を1/5まで減額 ◎ すべての借金がなくなる
◎ 手放す必要なし ◎ 手放す必要なし × 没収される
◎ 手放す必要なし 〇 ローンが残っている場合は没収される △ 20万円以上の価値がある場合は没収される
生命保険 ◎ 解約の必要なし 〇 解約返戻金が多額の場合のみ返済額が増加 △ 解約返戻金が20万円以上になる場合は解約
家族 ◎ バレる可能性はほとんどない △ バレる可能性がある × 家族にはバレる可能性大
保証人 ◎ 基本的に迷惑がかからない × 保証人に支払い義務が移行 × 保証人に支払い義務が移行

借金の返済が自身の収入でできるなら、任意整理。

できないなら、個人再生または自己破産という選択するのが一般的です。

それぞれの具体的な内容について解説していきます。

任意整理

利息のカットや、月々の返済金額を減らすことができる債務整理です。

弁護士や司法書士が債権者(カード会社や消費者金融など)と債務者の仲介に入り交渉を進めます。

返済期間を3年~5年の長期に伸ばしたり、返済金を分割で払えるということができます。

大幅な減額は見込めませんが、財産を失わず、家族や保証人に迷惑もかからないといったメリットがあります。

個人再生

個人再生は、借金を大幅に減額し、残った借金を原則3年(場合によっては5年でも可)で返済していく債務整理です。

また、自己破産と違い、借金がすべて免除になるわけではなく、1/5程度に圧縮された金額を返済していきます。

裁判所を介してという点は自己破産と同じですが、住宅などの財産を残せるのが特徴です。

任意整理と自己破産の中間の制度であり、できるだけ今の生活基盤を維持したい人に向いています。

自己破産

裁判所に借金の返済ができないことを申し立て、返済を全額免除してもらう債務整理です。

任意整理や個人再生しても借金を返さない場合の最終的な債務整理となります。

デメリットは、家を手放すことと、連帯保証人が借金の返済を迫られることです。

また、ヤミ金融業者が官報=政府が、一般国民に知らせる事項を編集して、毎日刊行する国家の公告文書)などから、自己破産者に融資の連絡が来ることがあるので絶対に融資を受けてはいけません。

まとめ

FXで借金を負わないために大事なことは、少額の余剰資金でトレードをすることです。

決して、生活資や自身の収入に合わない資金でトレードをしてはいけません。

もし、借金をしてしまったら1人で悩まないで、国が用意してくれている債務整理を活用するのが得策です。

債務整理を終えて、十分な軍資金が貯まるまではトレードはやらないで、収入が安定するようにしましょう。

関連記事

  1. FXノウハウ

    【MT4スマホ】スマホFXはMT4がおすすめ!基本動作から注文方法まで徹底解説

    MT4をスマホで利用する方法をお調べですね。世界的取引ツールである…

  2. FXノウハウ

    海外FXのゼロカットって一体なに?借金のリスク無しで取引する方法をご紹介

    FXはやってみたいけど「負けた時が心配」「損をしたり借金を背負う可能性…

  3. FXノウハウ

    【初心者必見】FXの基本からメリット・デメリットを簡潔にお伝え!

    FXのメリット・デメリットについてお調べですね。FXには、他の投資…

  4. FXノウハウ

    【必読】MT4の使い方を徹底解説!MT4が使える国内・海外FX業者もご紹介

    海外FXで利用されている「MT4」についてお調べですね。MT4は、…

  5. FXノウハウ

    【初心者必見】FXで効率よく稼ぐ方法・おすすめの初め方を徹底解説

    この記事で解決できる悩み FXって本当に初心者でも稼げるの…

  6. FXノウハウ

    海外FXのキャッシュバックって何?人気キャッシュバックサイトを徹底比較!

    海外FXのキャッシュバック制度についてお調べですね。海外FXのキャ…

LINE@で無料動画配信中!

最近の記事

  1. fx 危険性
  2. FX 負ける
  3. FX 経費
  1. 海外FX口座

    【必読】TitanFXって実際どう?利用する前に知っておきたい特徴を解説
  2. 海外FX口座

    FXDDの口座開設は危険?トレーダーの評判や注意点を徹底解説してみた
  3. FXノウハウ

    【初心者必見】FXはいくらから始められる?少額から始めるFXを徹底解説
  4. 海外FX口座

    MT4でデモトレードをするまでの方法とおすすめの口座について解説!
  5. FXノウハウ

    ニートでもFXはできる?Fニートで稼げる金額やメリットも徹底検証してみた
PAGE TOP