FXは借金のリスクが無い!?ゼロカットを利用してリスク無しでFXをする方法

FXノウハウ

「FXで大損すると借金になるのか」についてお調べですね。

結論、国内FXでは入金資金以上の損失を出した場合は借金になりますが、海外FXではどれだけ損失を出しても借金にはなりません。

今回は、FX歴10年の筆者が「FXの追証」について徹底解説。

この記事を読めば、なぜ追証が発生するのか、どうすれば追証のリスクを無くすことができるのかが分かるので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.FXの追証とは

FXの追証とは

FXでは、レバレッジを利用することができるため、急激な値動きが発生した場合に、自己資金以上の損失が発生してしまうことがあります。

この場合、入金資金以上の損失を入金しなければならないと考えることが、一般的な考えと言えるでしょう。

このように、損失が原因でFX業者に追加資金を入金することを、追証と言います。

追証は、入金資金以上の損失が発生した場合にも発生しますが、含み損により入金資金が底を尽きそうになった場合でも発生します。

この場合は入金義務は無く、入金しない場合に持っているポジションが強制決済されるだけです。

2.海外FXなら追証はない

ゼロカットシステム

FXでは自己資金以上の取引を行うため、急激な値動きが起こった場合などは、自己資金以上の損失が発生する場合があります。

国内FXでは、このような場合に借金が発生してしまいますが、海外FXではこのような場合でも借金が発生しないことがほとんどです。

ほとんどの海外FXでは、顧客保護の観点から「ゼロカットシステム」が採用されており、入金資金以上の損失はFX業者が補填してくれることになっています。

ゼロカットシステムを導入している業者であれば、元手以上の損失を出してしまった場合に、元手以上の損失をFX業者が代わりに支払ってくれます。

例)資金50万円で、80万円の損失を出してしまった場合

差額の30万円は、FX業者が代わりに支払ってくれます。

元手の50万円は失いますが、追加で30万円支払う必要はありません。

*国内FX業者はゼロカットシステムを導入していないため、差額30万円を追加で入金する必要があります。

【国内FX業者にゼロカットシステムがない理由】

国内FX業者には以下のような法律があるため、ゼロカットシステムを利用することはできません。

(損失補填等の禁止)

有価証券売買取引等につき、自己又は第三者が当該有価証券等について生じた顧客の損失の全部若しくは一部を補塡し、又はこれらについて生じた顧客の利益に追加するため当該顧客又は第三者に財産上の利益を提供する旨を、当該顧客又はその指定した者に対し、申し込み、若しくは約束し、又は第三者に申し込ませ、若しくは約束させる行為

引用:e-Gov

この法律がある限り、今後も国内FXにゼロカットが導入されることはないでしょう。

3.追証無しだからできるトレードスタイル

海外FXでは、借金を負うリスクがないため、安心してダイナミックなトレードをすることができます。

海外FXのゼロカットを利用したできるトレード手法は、「ハイレバレッジトレード」です。

ハイレバレッジトレードでは、突然の値動きが発生した際に大きな借金になる可能性がありますが、ゼロカットがあればそのようなリスクはありません。

ゼロカットシステムを利用したハイレバレッジトレードには、以下の2種類があります。

どちらもトレードの幅を大きく広げてくれるので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.テクニカル的ハイレバレッジトレード

ハイレバレッジトレード

テクニカル的ハイレバレッジトレードでは、テクニカルを元にエントリーを行います。

上の画像では、ゼロカットラインが価格の高値と重なっていることが分かりますね。

このように、テクニカル的に超えないラインをゼロカットラインに設定しておけば、テクニカルがあっている限り大きな利益を得ることが可能です。

テクニカル的ハイレバレッジトレードでは、、ここぞという場面で大きくエントリーを行い、その利益を大きく伸ばすことができます。

もしも予想とは反対に価格が動いた場合でも、損失は限定されているため、大きなエッジを持つトレードが可能です。

特に、突然の反転を狙う逆張りで上手く行きやすいので、ぜひ一度トライしてみてはいかがでしょうか。

2.指標発表前ハイレバレッジトレード

指標発表前ハイレバレッジトレード

指標発表前ハイレバレッジトレードでは、値動きが大ききなる指標発表後の動きを狙います。

指標発表ではひと方向に大きく価格が動くことが多いため、予想が当たれば簡単に利益を得ることが可能です。

仮に予想を外した場合でも、ゼロカットがあれば借金のリスクが無いため、安心して爆益を狙うことができます。

FX市場では、月に数回大きな指標発表があるため、その度にこの戦略を取っていれば簡単に利益を増やすことができるので、ぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

3.追証が無い×おすすめの海外FX業者「XM」

XMとは

XMは、2009年からサービスを提供している老舗の海外FX業者です。

ユーザー第一という運営方針を掲げており、スイスフランショックの時は、どのFX業者よりも早くゼロカットを適用すると発表しました。

【スイスフランショックとは】

スイスの通貨フランが歴史的大暴落をした際に、多くのトレーダーが資金以上の巨額の損失を出してしまった事件。

XMは、どのFX業者よりも早く各顧客の入金資金以上の損失を全て補填し、顧客に入金資金以上の損失を与えませんでした。

一方で、FXDDというFX業者は、ゼロカットを約束していたのにも関わらず、ゼロカットの約束を反故にして顧客に多大な損失を与えました。

【ゼロカットシステムとは】

入金資金以上の損失を、FX業者が代わりに補填すること。

100万円の入金をして150万円の損失が出た場合、差額の50万円はFX業者が代わりに負担してくれます。

このような顧客第一の運営体制が評価され、2018年と2019年は2年連続で「ベストFXサービス提供会社賞」を受賞しています。

FX業者歴も長く、最も信頼のできるFX業者だと言えるでしょう。

また、会社としてのサポート体制が非常に優れており、安全性・信頼性を最も重視する日本人から、絶大な信頼を獲得しています。

XMの基本情報

XMの基本情報 評価
ライセンス セーシェル金融庁(信頼性高)
追証 なし(元金以上の損失は発生しない)
スプレッド(手数料) 広い(高い)
ロスカット水準 30%
最大レバレッジ 888倍
ボーナス 3種類
約定力
通貨ペア数 57種類
最小取引単位 10通貨

【スプレッドとは】
売買の時に必要な取引手数料。
XMのスプレッドは比較的広くなっています。

【ロスカット水準とは】
設定した水準に達したところでロスカットが発動すること。
100万円の資金のうち70万円以上の含み損でロスカットが強制的に執行されます。

【レバレッジとは】
投資資金以上の取引ができる仕組み。
10万円の資金があれば、最大8,880万円の取引が可能です。

【ゼロカットシステムとは】
口座内の資金がマイナスになった場合も、翌日には口座残高を0に戻してくれるサービス。
100万円の口座で150万円の損失を出した場合、追加の50万円はXMが負担してくれます。

【約定力とは】
FXで注文が成立すること。
XMの約定力は業界トップクラスです。

【最小取引単位】
売買をする際の最小単位のこと。
1通貨100円の場合、最低でも10万円分からしか取引できません。

XMのボーナス一覧

XMのボーナス一覧

XMでは、初心者から上級者まで全てのユーザーを応援するために、以下の3種類のボーナスを提供しています。

1.新規口座開設ボーナス

これからFXを始めてみようかな。と考えている初心者向けのボーナス。

入金不要で始められるため、とりあえずFXをやってみたい!という方におすすめ。

2.入金ボーナス

FXが上達してき始めた中級者向けのボーナス。

入金資金を倍にしてくれるため、大きな資金で取引をすることが可能になります。

3.取引ボーナス(ロイヤルティポイント)

安定して利益が出せるようになり、取引回数が増えてきた上級者向けのボーナス。

取引するたびに700円程度(1lotの取引当たり)のポイントが貰えるため、取引すればするほど証拠金が増えていきます。

初心者の方であれば、XMのボーナスを活用して取引をするだけで安全に上達できるようになっているので、ぜひ活用してくださいね!

新規口座開設ボーナス

新規口座開設ボーナス

新規口座開設ボーナスは、3000円分のポイントを口座を開設するだけで貰えるお得なボーナスです。

このボーナスを使えば、入金なしでトレードを始めることができます。

貰ったボーナス自体を出金することはできませんが、ポイントを元手に稼いだ利益は出金可能です。

そのため、FXをやってみてから続けるか考えたいけど、お金を入金するのは嫌だ。という方は、まずこちらのボーナスで稼いでみてはいかがでしょうか。

入金ボーナス

入金ボーナス

100%初回入金ボーナスと追加入金ボーナスは、どちらも入金した金額によってプラスでポイントがもらえるボーナスです。

【100%初回入金ボーナス】

初めての入金に対して、入金した金額と同じ分のポイント(5万円まで)を貰えるボーナス。

例)5万円を初回に入金した場合

5万円(初回入金額)+5万円(ボーナス)=10万円が口座に振り込まれます。

【追加入金ボーナス】

5万円入金後、45万円までは入金額の20%がもらえるボーナス。

追加入金ボーナスでは20%がポイントで追加入金されるので、225万円入金することで上限の45万円分のボーナスを追加で貰うことが可能です。

ただし、これらのボーナスも新規口座開設ボーナス同様に、出金はできないので注意しましょう。

取引ボーナス(ロイヤルティボーナス)

取引ボーナス

取引ボーナス(ロイヤルティボーナス)は、1ロットの取引ごとに、一定のポイントが貰えるボーナスです。

ボーナス内容は取引期間に比例してグレードアップしていき、最大で1ロット20XMP(約700円相当)を受け取ることができます。

取引ボーナス(ロイヤルティボーナス)

トレードが上達してくれば、取引をする度に利益とロイヤルティポイントで口座残高を増やすことが可能です。

口座を保持+たまにトレードをしていれば、勝手にELITEのロイヤルティポイントが貰えるようになるので、ぜひ活用してみて下さいね。

4.FX口座の開設方法

XMの口座開設方法を2つのステップで紹介

最後に、実際にXMで口座開設をする方法をご紹介します。

たった3ステップで簡単に口座開設できるので、実際の画像の例を見ながら登録していきましょう!

▽クリックで各ステップまで移動します。

ステップ1.まず確認!口座開設前に準備しておくもの

ステップ2.個人情報・取引口座情報の登録

ステップ3.本人確認書類+現住所確認書類の提出

ステップ1.まず確認!口座開設前に準備しておくもの

XMの口座開設に必要なものは、「身分証明書」と「現住所確認書類」の2つのみです。

こちらの2つを事前に手元に用意しましょう。

身分証明書とは、公的機関の発行した「写真付き身分証明書」のことです。

必ず写真のあるものを用意しましょう。

【XMの口座開設に使える身分証明書一覧】

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 障害者手帳
  • 外国人登録証
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

現住所確認書類とは、現住所の記載された、第三者機関が発行した書類のことです。

こちらは顔写真がないものでも問題ないですよ。

【XMの口座開設に使える現住所証明書一覧】

  • 運転免許証(身分確認書と併用できない)
  • マイナンバーカード(身分確認書と併用できない)
  • 健康保険証
  • 電気,ガス,水道等の公共料金請求書や領収書
  • 住民票
  • 固定電話、携帯電話の料金請求書や領収書
  • クレジットカードや銀行の明細書や領収書
  • その他納税通知書などの租税関係の書類(領収書などは発行日より6か月以内のもの)

上記の中から組み合わせて2つを手元に用意しましょう!

ステップ2.個人情報・取引口座情報の登録

必要な書類が揃ったら次は登録をしていきます。

XMの口座開設はこちら

初めに、XMの公式ページよりXMの口座開設ページに移動しましょう。

こちらの画面が開きますので、個人情報内のお名前記入欄を全て英語で入力します。

個人情報入力例(先頭の文字のみ大文字にすることを忘れないように!)

下のお名前: Taro

姓: Yamada

居住国: Japan

希望言語: 日本語(選択式なので日本語表記で大丈夫)

電話: (+81)0123456789(XMから電話の連絡はないので安心してください)

Eメール: Taro.Yamada@gmail.com

 取引口座詳細の記入方法

次は、取引口座詳細を入力していきます。

この入力が終わればステップ2へ進みましょう。

その前に取引口座の詳しい解説をしていくので参考にしてみてください。

取引プラットフォームタイプの選択欄がありますが、こちらはMT4かMT5のどちらを使うかの確認です。

MT4、MT5って何?という方はMT4を選びましょう。

MT4、MT5とは、実際にFXのトレードをするときにチャートをチェックしたり、売買などの取引を行うための「プラットフォーム」のことです。

【プラットフォーム】

アプリケーションを動作させるための環境のこと

その中でMT4は世界で一番利用者が多いプラットフォームです。

そのため、MT4に関する情報はインターネット上に沢山溢れているので、使い方やわからないことも調べたらすぐに解決策が出てきます。

MT4、MT5についてより詳しい内容は、MT4とMT5を比べてわかった!本当に優れている取引システムは○○だった をご覧ください。

口座タイプの選択

次は口座タイプを選択していきます。

種類 メリット デメリット
スタンダード
  • 1000通貨からの取引に対応
  • 数百円から取引可能
  • 口座開設ボーナスあり
  • 特になし
マイクロ
  • 10通貨からの取引に対応
  • 1円から取引可能
  • 低資産でもリスクが少なく運用可能
  • 口座開設ボーナスあり
  • 上限が10万通貨まで
Zero
  • スプレッドがとても狭い
  • 別途一定の手数料
  • 口座開設ボーナスの
  • 対象外

口座タイプには上記の三種類があるのですが、オススメはスタンダード口座です。

それでは口座別に詳細を見ていきましょう。

スタンダード口座

スタンダード口座は、1000通貨から取引が可能なので、数百円からでも取引ができます。

更に上限も500万通貨までと広く、少ない資金で効率よく稼ぐには最適です。

スタンダード口座は、ボーナス対象口座であるため、無料で3000円分のポイントが貰えます。

以上の理由より、初めて海外FXを利用するのであればこのスタンダード口座が最適です。

マイクロ口座

マイクロ口座は、10通貨からの取引が可能な口座です。

数円単位から取引ができるので、「初めは少額で勉強したい」という方には向いています。

しかし、最高でも10万通貨までしかエントリーができません。

そのため、ある程度知識や実力がついてきた際に他の口座を再度作る必要性があります。

ただ、こちらでも100%入金ボーナスと口座開設ボーナスで3000円のキャッシュバックが適用されますよ。

zero口座

Zero口座は、スプレッド(変動する手数料)が少ない代わりに毎取引ごとに一定の利用手数料がかかります。

数百万、数千万円ほどの大きい資金で運用するのであればzero口座がオススメです。

しかし、口座開設ボーナスと100%入金ボーナスが得られないことに注意しておきましょう。

個人情報と住所詳細の登録

次のページでも個人情報を書き込む場所がありますので、指示通りに書き込みましょう。

  • 一番上のお名前記入欄は全角カナで記入
  • 生年月日はご自身のものをスクロールして選択

その後の住所詳細の記入ですが、こちらは英語で記入する必要があります。

住所を打つと自動で英語に変換してくれるサイトがあるので、ぜひ活用してみてください。http://judress.tsukuenoue.com/

住所詳細入力例

都道府県・市:東京都→Tokyo 北海道→Hokkaido 

番地・部屋番号:1丁目2番地3号400号室の場合→1-2-3,400(※建物名は不要)

区町村・町名:新宿区新宿→Shinjuku,Shinjuku-ku

       船橋市潮見町→Shiomimati,Funabashi

       (※英語表記は日本語と書く順番が逆)

郵便番号:1234567(ハイフンなしで入力)

米国市民かどうか:日本国籍の場合は、「いいえ」

取引口座詳細と投資家情報の入力

取引口座詳細では、以下の3つを入力します。

  • 口座の基本通貨
  • レバレッジ
  • 口座ボーナス

口座基本通貨は、USD、EUR、JPYから選べますが、特に理由がなければJPYを選びましょう。

両替スプレッドや手数料を抑えられてお得です。

XMでは、レバレッジを最高888倍まで選択することができます。

口座開設ボーナスとは、キャッシュバックや入金ボーナスを受け取るかどうかの質問ですので、必ず受け取りを希望するを選択してください。

希望しないを選択してしまうとボーナスが得られませんので注意しましょう。

投資家情報の入力

金融取引業者は、金融ライセンスの規約で顧客の資産や投資額を知っておく必要があるので、あなたの投資額等の質問に答えていきましょう。

口座開設の審査に影響はないので気軽に答えていただいて大丈夫です。

投資額

自身が投資に利用する金額の範囲を選択します。米ドルで表記されていますので、1ドル約100円で計算しましょう。

「20,000~」を選択するとレバレッジに規制がかかるので888倍を希望する場合は「0~20,000」を選択してください。

例)100万円から始めたい→100万円は1万ドル→0~20,000 の範囲を選択

取引目的及び性質

自身がFX会社を利用する目的を選択します。FXで稼ぎたいと考えている方は投資を選択しましょう。

雇用形態

自身の雇用形態を選択します。学生や職に就いていない方でも選択欄がありますのでご安心ください。

例)会社に勤めている→被雇用者を選択

職種

上記の雇用形態で被雇用者もしくは自営業を選択した方には、職種を選択する欄が出てきます。

こちらで最も当てはまるジャンルの職種を選択します。

※学生、無職、退職者を選択した場合は職種欄が資金源に変更されます。

こちらも資金源の中の選択肢から一番当てはまる物を選びましょう。

例)建築系の会社に勤めている→職種内の建設を選択

  学生でアルバイトをしている→雇用/事業収入を選択

学歴

自身の最終学歴を選択します。学士、修士、博士という選択肢がありますが、

  • 大学を卒業している→学士
  • 大学院の修士課程を終えている→修士
  • 大学院の博士課程を終えている→博士

となります。

所得総額

自身の所得総額に近いものを選択します。こちらも米ドルでの表記ですので注意しましょう。

例)所得総額が400万円→50,000未満を選択

純資産

自身の純資産額の近いものを選択します。

純資産は主に会社を経営されている方に関係のある内容ですので、特に純資産がない場合には50,000未満を選択します。

ここまで記入できましたら更に下にスクロールをします。

口座パスワードの登録と確認

口座パスワード

口座にログインする際に利用するパスワードを記入します。

こちらは第三者がわかりにくいパスワードにしましょう。

パスワードは大文字、小文字、数字を含む必要があります。

確認

最後に、確認事項を読み同意できましたら四角を押してチェックマークを入れましょう。

以上で利用登録と口座開設が完了となります。

緑色のリアル口座開設ボタンを押して終了しましょう。

ステップ3.本人確認書類+現住所確認書類の提出

口座開設が終了したら、登録したメールアドレスにXMからの確認メールが届きます。

「Eメールアドレスをご確認ください」のボタンを押しましょう。

※こちらのリンクはメールが送信されてから24時間以内のみ有効ですので気を付けましょう。

認証が終わったら、会員ページへログインします。

ログインができたら、オレンジ色の今すぐ口座を有効化するを押します。

「ご本人様確認書類」をアップロードする画面に飛ぶので、初めに用意した身分証明書現住所確認書類をアップロードてください。

机などに書類(またはカード)を置き、全体が移るようにスマホなどで写真を撮り、それを添付します。

必ず写真がぶれたりぼやけていないか確認してからアップロードしましょう!

アップロードが完了するとアップロード完了通知がメールに届きますが、返信する必要はありません。

ここまでの作業で本人確認書類+現住所確認書類の提出は終了です。

24時間以内に口座が有効化されますのでお待ちください。(早いと数十分で有効化されます。)

まとめ

今回は、FXの追証のリスクについてご紹介しました。

国内FXでは、借金のリスクから逃れることができないため、あまりおすすめできません。

海外FX業者で最も信頼されている「XM」であれば、ゼロカットがあるため、安心してFXを楽しむことができます。

海外FXのハイレバレッジを活かして、借金のリスク無しで大きく稼ぐことを目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. FXノウハウ

    いまさら聞けない!ミラートレードの基礎から儲け方まで徹底解説!

    ミラートレード(コピートレード)についてお調べですね。ミラートレー…

  2. FXノウハウ

    海外FXはスキャルピングと相性抜群!おすすめトレード方法・業者を解説

    海外FXのスキャルピングで稼ぐ方法をお探しですね。海外FXでスキャ…

  3. FXノウハウ

    ローリスクで投資出来る方法は何?6つの投資方法を徹底比較してみた

    ローリスクで利益が出る投資方法をお探しですね。世界には様々な投資方…

  4. FXノウハウ

    【初心者必見】FXの基本からメリット・デメリットを簡潔にお伝え!

    FXのメリット・デメリットについてお調べですね。FXには、他の投資…

  5. FXノウハウ

    【必読】MT4の使い方を徹底解説!MT4が使える国内・海外FX業者もご紹介

    「MT4」についてお調べですね。MT4は、為替相場の動きを分析する…

  6. FXノウハウ

    【初心者必見】海外FXにデメリットはあるの?実体験からデメリットを解説

    海外FX口座のデメリットについてお調べですね。SNS上では、海外F…

LINE@で無料動画配信中!

最近の記事

  1. XM
  1. 海外FX口座

    BigBossはオススメ!?口コミから実際の評判や特徴・注意点を徹底解説
  2. 海外FX口座

    iFOREXってどんな海外FX業者?選ぶべき5つの理由や口コミを徹底解説
  3. 海外FX口座

    XMって実際どう?トレーダーの評判から人気な理由を徹底調査してみた
  4. FXノウハウ

    【主婦必見】少額+安全にFXを始めるために必要な知識を特別公開!
  5. 海外FX口座

    エリオット波動をMT4に表示するインジケーターとは?導入方法を解説
PAGE TOP