FXノウハウ

MT4最強インジケーター!絶対に使うべきインジケーターを5つ徹底紹介

MT4で勝率を上げることのできるインジケーターについてお調べですね?

インジケーターを導入して新たな機能や分析方法を利用すれば、トレードの勝率あげることが可能です。

しかし、実際にインジケーターを導入しようとすると、数が多過ぎてどれが良いのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、MT4で利用できる最強のインジケーターを5つご紹介します。

初心者でも簡単に導入できるように解説するので、一緒にトレードの勝率を上げていきましょう。

1.MT4に絶対入れておきたい!人気のインジケーター5選

MT4に絶対入れておきたい!人気のインジケーター5選

MT4に導入するべきインジケーターには、トレンド系とオシレーター系の2種類があります。

【トレンド系のインジケーター】

「上昇トレンドか、下降トレンドか」相場の方向性を示してくれるインジケーター。

【オシレーター系のインジケーター】

相場の買われ過ぎや売られすぎなどを分析することが不要。

今回紹介するおすすめのインジケーターは、以下の5つです。

トレンド系 オシレーター系
Alert SMA-EMA ストキャスティクス
SHI_Channel_Fast.mq4 RSI
FIbo  

それぞれの特徴や性能を分かりやすくまとめたので、さっそく見ていきましょう。

インジケーター1.Alert SMA-EMA

Alert SMA-EMA

Alert SMA-EMAは、移動平均線にアラート機能が付いたインジケーターです。

【移動平均線】

ある一定期間の価格から平均値を計算し、折れ線グラフで表したもの。

例)期間が10の場合

期間が10の場合は、ロウソク足10本分の終値を合計して、平均値を出した数値が線グラフの様になって表示する。

Alert SMA-EMAを利用することで、今後の相場のトレンドの変化を予測することが可能です。

また、ただの移動平均線とは違い「下落トレンドや上昇トレンドに転換するタイミング」を矢印で知らせてくれるため、初心者でも利用しやすくなっています。

矢印の表示されたタイミングがトレンドの転換のサイトなので、トレンドの騙しに引っかかる可能性を小さくすることが可能です。

それでは、Alert SMA-EMAについて詳しく見ていきましょう。

Alert SMA-EMAのメリット・デメリット

Alert SMA-EMAのメリットとデメリットをまとめると以下の通りです。

【Alert SMA-EMAのメリット】

  • エントリーのサインが分かりやすく、初心者でも簡単に応用できる。
  • トレンドの転換点が分かるので、自信を持ってエントリーすることができる。

【Alert SMA-EMAのデメリット】

  • 経済指標などの影響で、予測に反した逆のトレンドが発生する場合がある。
  • ダマシが発生する場合もある。

Alert SMA-EMAは、移動平均線のSMAとEMAを利用して今後のトレンドを予測するインジケーターです。

【SMA】

【Simple Moving Average】を略して、「SMA」と表記されます。

10期間SMAであれば、過去10本の終値を合計し10で割った数字を線でつないだものです。

【EMA】

「EMA」は【Exponential Moving Average】の略称です。

10期間EMAであれば、10本前の終値より1本前の終値に比重を置いて平均を算出します。

そのため、エントリーする方向を事前に決めてサインを便りにエントリーが出来ます。

その代わりに、予測の的中率は100%では無いので、予測に反した動きをする可能性があるので注意が必要です。

リスクを考えて、指値注文を事前に入れておくなど、他の対策と組み合わせておきましょう。

Alert SMA-EMAのおすすめの手法

Alert SMA-EMAでは、ゴールデンクロスやデットクロスなどのサインでエントリーする手法がおすすめです。

Alert SMA-EMAのおすすめの手法

【ゴールデンクロス】

短期のインジケーターが長期のインジケーターを下から上に突き抜けることです。

買いのエントリーのサインとして利用され、Alert SMA-EMAの場合は、青い矢印で表示されます。

【デットクロス】

短期のインジケーターが長期のインジケーターを上から下に突き抜けることです。

売りのエントリーサインとして利用されていて、Alert SMA-EMAの場合は、赤い矢印で表示されます。

ゴールデンクロスが発生した場合は買いのエントリーを、デットクロスが発生した場合は売りのエントリーを行いましょう。

Alert SMA-EMAの設定方法

Alert SMA-EMAのおすすめの設定数値は以下の通りです。

Alert SMA-EMAの設定方法

SMAPeriodが21でEMAPeriodを5に設定し、その他の数値は初期値のままでかまいません。

【設定の理由】

SMAは長期的な動きを分析するのに長けているので、期間は一ヶ月のFXの営業日の平均値である21がおすすめです。

EMAは短期的な動きを予測するのに長けているので、期間は一週間のFXの営業日である5がおすすめです。

この数値設定は、世界中の多くのトレーダーに利用されているため、信頼のできる数値であると言えるでしょう。

インジケーター2.SHI_Channel_Fast.mq4

インジケーター2.SHI_Channel_Fast.mq4

SHI_Channel_Fast.mq4はトレンドラインを自動で引くことのできるインジケーターです。

【トレンドライン】

安値と安値や高値と高値を結んで引く線のこと。

相場がどのように上昇・下降していくかを予想するために利用する。

トレードをしていると、どの様にトレンドラインを引けばいいか分からず迷ってしまうこともありますよね。

SHI_Channel_Fast.mq4を導入すれば、初心者でも簡単にトレンドラインを引いて相場分析が可能です。

SHI_Channel_Fast.mq4を利用すれば、レンジ相場・トレンド相場どちらでもラインを自動で引いてくれるため、安定して利益を出すことができます。

SHI_Channel_Fast.mq4のメリット・デメリット

SHI_Channel_Fast.mq4は、自動でトレンドラインを引いてくれるため、誰でも簡単にライントレードを行うことができます。

SHI_Channel_Fast.mq4のメリット・デメリットは以下の通りです。

【SHI_Channel_Fast.mq4のメリット】

  • トレンドラインを自動で引くことが可能であり、相場の上下幅を簡単に予測できる。
  • 上昇トレンドや下降トレンド、そしてレンジ相場など全ての状況で応用が可能。

【SHI_Channel_Fast.mq4のデメリット】

トレンドラインをブレイク(突き抜けて)して、大きく値幅が変わる場合は損失が発生してしまう。

トレンドラインをロウソク足が抜けた場合は、予測できる値幅を超えているのでエントリーを避けるなどルールを決めておくことがおすすめです。

SHI_Channel_Fast.mq4おすすめの手法

ここでは、トレンドラインとロウソク足の位置、そしてロウソク足の形をもとに取引する手法を紹介します。

SHI_Channel_Fast.mq4を用いた買いのエントリー手法の手順は以下の通りです。

SHI_Channel_Fast.mq4おすすめの手法

  1. 下のトレンドライン付近にロウソク足が近づいた通貨ペアを見つける。
  2. 下髭の長いロウソク足など、反転のサインのロウソク足を発見したらエントリーする。
  3. エントリーしたトレンドラインと逆方向の上のトレンドラインにロウソク足が近づいたら利確する。

SHI_Channel_Fast.mq4を用いた売りのエントリー手法は以下の通りになります。

SHI_Channel_Fast.mq4おすすめの手法

  1. 上のトレンドライン付近にロウソク足が近づいた通貨ペアを見つけ
  2. 上髭が長く実体が少ないロウソク足など、反転のサインのロウソク足を見つけたらエントリーする。
  3. エントリーしたトレンドラインとは逆の下のトレンドラインにロウソク足が近づいた利確する。

※トレンドラインを超えてロウソク足が、上昇または下降を続ける場合は、予測できる範囲外なので損切りを行い損失を抑える必要があります。

SHI_Channel_Fast.mq4の設定方法

SHI_Channel_Fast.mq4では、数値を変更して利用しているトレーダーの数が非常に少ないため、特に設定変更の必要はありません。

SHI_Channel_Fast.mq4の設定方法

設定は変更せずに、導入した時のデフォルト値をそのまま利用しましょう。

インジケーターファイルは下記のダウンロードボタンから入手可能です。

インジケーター3.FIbonacci

インジケーター3.FIbonacci

FIboはフィボナッチリトレースメントという「相場の値幅や反転するタイミングを図れるラインを自動で引いてくれる」インジケーターです。

ラインの高さを合わせたり調整する必要が無く、自動で調整してくれるので初心者でも簡単にフィボナッチリトレースメントを利用できます。

【フィボナッチリトレースメント】

相場の反転や押し戻りのタイミングを図ることができる有名なインジケーター。

23.6, 38.2, 50.0, 61.8など複数の線が表示され、これらの線の付近で反転のロウソク足が出たらトレンドの転換のサインになります。

自動でラインを引くことが可能なため、スキャルピングなど判断や分析を速く行う必要がある短期取引でも有効活用できるでしょう。

FIboのメリット・デメリット

FIboは、自動でリトレースメントラインを引いてくれるため、誰でも簡単に反転サインを見つけることができます。

FIboのメリット・デメリットは以下の通りです。

【FIboのメリット】

自動でフィボナッチリトレースメントのラインを調整してくれる。

【FIboのデメリット】

FIbo単体での相場の分析は難しい

FIboによるリトレースメントラインだけでトレードするよりも、ロウソク足の形などを見ながら相場分析を行うことがおすすめです。

FIboおすすめの手法

FIboのおすすめの手法は、ラインの位置とロウソク足の形を合わせて相場を分析して取引する手法です。

まずは、FIboの23.6, 38.2, 50.0, 61.8などどれかのライン付近にロウソク足がある通貨ペアを見つけましょう。

次にライン付近のロウソク足の形に注目し、ロウソク足の形がスパイクハイまたはスパイクローなどの反転のサインを探してください。

FIboおすすめの手法

FIboのライン付近でスパイクハイがある場合は売りエントリーを、スパイクローがある場合は買いのエントリーをおこないましょう。

FIboおすすめの手法

エントリー後は、エントリーしたラインの次のライン付近に相場が移動した時に利確を行います。

FIboの設定方法

Fiboでは、数値を変更して利用しているトレーダーの数が非常に少ないため、特に設定変更の必要はありません。

数値を変更できる項目と変更できる内容は以下の通りです。

FIboの設定方法

【looktack】

数値を変更した場合も、インジケーターに変化は起きない。

【Iastdar】

FIboの表示するラインの本数を調整する数値で、10の場合は10本のラインが表示されます。

【FibColor】

FIboのラインの色を変更できる数値です。

インジケーター4.ストキャスティクス

ストキャスティクス

ストキャスティクスは相場の買われ過ぎや売られ過ぎを可視化できるオシレーター系のインジケーターです。

相場の買われ過ぎや売られすぎを、%Kと%Dの2本の線で表わします。

ストキャスティクス

移動平均線などの他のインジケーターと比べると、売買サインの発生が速いため短期取引などで有利に分析することが可能です。

ストキャスティクスのメリット・デメリット

ストキャスティクスには、利用する前に知っておくべきメリットとデメリットが存在します。

メリットとデメリットそれぞれの特徴は以下の通りです。

【ストキャスティクスのメリット】

  • 反応が速くサインの発生する速度が速いため、短期取引で有効活用できる。
  • 上昇や下降どちらの予測もできるので、売り買いどちらのエントリーにも利用可能。

【ストキャスティクスのデメリット】

  • 強力なトレンドが発生している場合は、ダマシが多く発生してしまい損失を重ねてしまう。

ストキャスティクスのおすすめの手法

ストキャスティクスは、20%以下でのゴールデンクロスまたは80%以上のデットクロスの時にエントリーします。

ストキャスティクスのおすすめの手法

【ゴールデンクロス】

短期のインジケーターが長期のインジケーターを下から上に突き抜ける動きのことです。

この現象が、ストキャスティクスの20%以下で起きた場合は、買いエントリーのチャンスになります。

【デットクロス】

短期のインジケーターが長期のインジケーターを上から下に突き抜けた時がデットクロスです。

この現象が、ストキャスティクスの数値80%以上の時に起きた場合は、売りエントリーのチャンスになります。

ストキャスティクスの設定方法

ストキャスティクスのおすすめの設定方法は、以下の通りです。

%K期間:5

%D期間:3

移動平均線の種類:Simple

ストキャスティクスの数値は一般的に%Kの期間が5で%Dの期間が3の数値が多くのトレーダーに利用されています。

そのため%Kを期間5に、%Dを期間3の数値に設定することがおすすめです。

※ストキャスティクスは初期からMT4に導入されているのでダウンロードの必要はありません。

インジケーター5.RSI

RSI

RSIはRelative Strength Indexの略称で、MT4で利用できるインジケーターの1つです。

売られ過ぎや買われ過ぎの数値を可視化してグラフにしたもので、オシレーター系のインジケーターとして多くのトレーダーが愛用しています。

【RSIの計算式】

(一定期間の上げ幅の合計) ÷ (一定期間の上げ幅の合計 + 一定期間の下げ幅) × 100%

一定期間の間の上昇した幅と下降した幅の割合を表していて、下がった数値と上がった数値の比率が8:2の場合はRSIは80%と表記されます。

RSIは相場の売り買いの比率や量から、売り買いのタイミングを図ることができます。

RSIのメリット・デメリット

RSIはオシレーター系のインジケーターでは世界的に有名ですが、そんなインジケーターにもメリットとデメリットがあります。

RSIのメリット・デメリットは以下の通りです。

【RSIのメリット】

相場の売られ過ぎや買われ過ぎを分析することができる。

【RSIのデメリット】

強力なトレンドが発生した場合は、売買サインに騙しが多く発生する。

RSIを利用すれば、売られ過ぎや買われ過ぎを図ることができますが、強いトレンドが発生した場合の相場分析には向きません。

RSIのおすすめ手法

RSIを利用した手法で最も有名なのは、RSIの数値が20%~25%で買い注文、RSIの数値が70%~80以上で売り注文を行う方法です。

今回紹介するエントリー手法には、RSIとボリンジャーバンドを利用します。

RSIのおすすめ手法

買い注文を行う場合は、ロウソク足の位置とRSIの数値を見ながら以下の手順でエントリーを行いましょう。

RSIのおすすめ手法

  1. ロウソク足がボリンジャーバンドの下のラインにタッチして売りが続いている。
  2. RSIの数値が20%~25%の当たりにとどまっている場合はエントリー。
  3. RSIの数値が70%~80%の買われ過ぎの値を示す前に利確を行いましょう。

売りのエントリーを行う場合は、以下の手順でエントリーするのがおすすめです。

RSIのおすすめ手法

  1. ロウソク足がボリンジャーバンドの上のラインにタッチして買いが続いている。
  2. RSIの数内が70%~80%にとどまっている場合は売りのエントリーをします。
  3. RSIの数値が20%~25%の売られ過ぎの値を示す前に利確を行いましょう。

RSIの設定方法

RSIの間の設定は14に設定して利用するのが一般的です。

RSIの設定方法

この数値は多くのトレーダーが利用しているので、おすすめの設定数値といえます。

ロウソク足の期間によっては、以下の数値に合わせるのが良いでしょう。

1分足~15分足:9, 14, 22

30分足~1時間足:42, 52

4時間足以上~:63, 91

※RSIは初期の状態でMT4に導入されているので、外部からのダウンロードの必要はありません。

2.自分に一番合うインジケーターを見つけよう

7.自分に一番合うインジケーターを見つけよう

ここまでは、おすすめのインジケーターの特性や手法などを解説していきました。

ですが、インジケーターはこのインジケーターなら必ず勝率が上がるというものではありません。

  • 長期取引なのか短期的な取引をするのか?
  • トレンド相場が得意な人なのかレンジ相場が得意な人なのか?

など様々なバリエーションの条件があるので自分の好みや特性にあったインジケーターを選びましょう。

2-1.外部からダウンロードしたインジケーターの導入手順

MT4のインジケーターを外部から導入する場合は、下記の手順で行うことができます。

  • ダウンロードしたファイルをMT4に移動
  • MT4を更新をクリックまたは、再起動をおこなう
  • インジケーターを適応する

導入に関しては、初心者でも簡単に行うことができて3分程度で完了します。

詳しくは、MT4にRCIを表示する手順の記事で紹介しているのでそちらをご覧ください。

まとめ

今回は、MT4でおすすめの最強のインジケーターを5つ紹介しました。

インジケーターには種類があり、それぞれに多様な機能があるため選ぶのことは難しいと思います。

そのため、まずは今回紹介したインジケーターや手法などを参考にインジケーターを利用してみてはいかがでしょうか。

自分好みのインジケーターを見つけることで、勝率を向上させることができますよ。

 

 

FXで5億以上の資産を稼いできたノウハウを無料で学べるメールマガジン

FXで5億以上の資産を築いてきた

masakiさんという方のメールマガジンをご紹介させていただきます

・fxで5億以上の資産を築いてきたそのノウハウの公開

・億単位の資産家たちがどういったマインドセットで取引に取り組んでいるのか?

・オススメのFX業者やオススメのスクールなど、多数企画もご用意

初心者から学べるFXメール講座はこちら

 

関連記事

  1. FXノウハウ

    FXで勝ちたい人【必見】今話題のソーシャルトレードについて徹底解説

    最近話題になってきている「ソーシャルトレード」についてご存知ですか。…

  2. FXノウハウ

    【初心者必見!】レバレッジを最大限に活用できる海外FXを徹底解説!

    レバレッジについてお調べですね。FXで高レバレッジを利用したために…

  3. FXノウハウ

    【必読】MT5の使い方を徹底解説!MT5の基本から海外FX業者までご紹介

    「MT5」についてお調べですね。MT5はMT4のアップデート版であ…

  4. FXノウハウ

    DD方式とNDD方式の違いは何?無駄な損をしないためには〇〇を使え!

    FX取引における「NDD方式」「DD方式」の違いについてお調べですね。…

  5. FXノウハウ

    【初心者向け】海外FXの税金を計算する方法!上手な節税方法も解説

    今回は、「海外FXの税金を計算する方法」「国内FXとの比較」「節税方法…

  6. FXノウハウ

    海外FXはスキャルピングと相性抜群!おすすめ業者・トレード方法を解説

    海外FXで、「10万円を500万円に増やした」というような話を聞いたこ…

無料で学べるメルマガ講座

最近の記事

  1. 海外FX口座

    HotForexの評判と特徴は?実際の口コミから口座開設方法も徹底解説
  2. 海外FX口座

    【必読】MT4にアラート機能を設定する全方法を分かりやすく徹底解説!
  3. FX使い方

    【必読】MT4の使い方を徹底解説!MT4が使える国内・海外FX業者もご紹介
  4. 海外FX口座

    FxProってどんな海外FX業者?口コミからその実態を徹底調査してみた
  5. FX自動売買

    自動売買のメリットって何?MT5への導入方法を細かく調査してみた!
PAGE TOP