FXノウハウ

【初心者向け】MT4を日本時間に変更する設定方法をわかりやすく解説

MT4の表示時間を日本時間に変更する方法が分からない!とお困りではありませんか。

今回は、そのような悩みを解決するために「MT4」に日本時間を設定する方法を詳しくご紹介していきます。

とは言っても難しい内容ではありません。

日本時間への変更は次の2ステップでサクッと完了するので、安心して記事を読み進めてくださいね。

  1. 日本時間に変更するためのインジケーターをダウンロードする
  2. インジケーターを適用する

では、さっそく確認していきましょう

1.MT4を日本時間に変更して表示してくれるインジケーター

MT4を日本時間に変更して表示してくれるインジケーター

インジケーターのJPN_Time_Subzeroを使えばMT4に日本時間を表示可能できます。

JPN_Time_Subzeroは、以下の2つのことができるインジケーターです。

  • MT4を日本時間に変更可能
  • 日本時間で経済指標の時間把握が可能

日本時間を設定すれば、時間帯別の相場の見方も分かりやすくなります。

以下の4つの手順で、MT4に日本時間を表示させることが可能です

まずはダウンロード方法について一緒に見ていきましょう。

手順1.JPN_Time_Subzero(インジケーター)をダウンロード

JPN_Time_SubzeroはMT4外部からダウンロードしなくてはいけません。

「インジケーターのダウンロード用サイト」からダウンロードできます。

JPN_Time_Subzero(インジケーター)をダウンロード

サイト下部にあるダウンロードボタンからファイルをPCに保存しましょう。

手順2.JPN_Time_SubzeroをMT4のフォルダに移動

ダウンロードが完了したらJPN_Time_SubzeroをMT4のフォルダに移動させましょう。

移動は、MT4上の①「データフォルダ」⇒②「MGL4」⇒③「inticators」⇒④ファイルの貼り付けで行うことができます。

①MT4を開き「ファイル」から「データフォルダ」を選択して開きます。

JPN_Time_SubzeroをMT4のフォルダに移動

②データフォルダの中の「MGL4」をクリックしてファイルを開きます。

JPN_Time_SubzeroをMT4のフォルダに移動

③開いたファイルの中のinticatorsをクリックしましょう。

似た名前のファイルもあるので間違えないように注意しなくてはいけません。

JPN_Time_SubzeroをMT4のフォルダに移動

④先ほどのJPN_Time_Subzero をインジケーターの一覧に「貼り付け」して完成です!

JPN_Time_SubzeroをMT4のフォルダに移動

貼り付け後は、JPN_Time_SubzeroをMT4に適用することを忘れないように気を付けてくださいね。

手順3.MT4を再起動し”JPN_Time_SubZero”を適用

MT4では、外部インジケーター適用する前に、一度インジケーターの情報を更新しなくてはいけません。

更新方法は、MT4画面上で右クリック⇒更新となります。

MT4を再起動し”JPN_Time_SubZero”を適用

更新が終わったら、次にJPN_Time_SubzeroをMT4に適用しましょう。

適用は、「挿入」⇒「インジケーター」⇒「カスタム」⇒「JPN_Time_Subzeroを画面にドロップ」の手順で行うことができます。

MT4を再起動し”JPN_Time_SubZero”を適用

チャート上にドロップができれば、適用は完了です。

手順4.”JPN_Time_SubZero”の設定を行い完了

選択が完了したら、JPN_Time_Subzeroの設定を行わなくてはいけません

パラメータの入力を選択して以下の詳細を設定していきましょう。

  • Time_differenceを「3月~11月は6」に「11月~3月は7」に設定
  • 「DAY」と「HOUR」そして「Zeor H」の3つは「true」に設定

”JPN_Time_SubZero”の設定を行い完了

その他にも多様な設定とパラメータがありますが、意味は以下の通りです。

パラメータの名前 変更出来る事と機能
TimeInterval 指定したロウソク足の本数ごとに時間の表示
UseLocalPCTime パソコンの時刻表示と非表示の切り替え
Time_difference 時差の設定
Grid グリッドの表示と非表示の切り替え
YEAR 年の表示
MONTH 月の表示 (例)「6月」と表示するかどうか
DAY 日付の表示
HOUR 時間の表示
Zero_H 「3時と表示」か「03時と表示」かの選択
MINUTE 分の表示と非表示
SECOUD 秒の表示と非表示
ARROW 矢印の表示と非表示
NewLine インジケーターウィンドウの結合と段分け
GridColor グリッド線の色変更
FontSize 表示する文字のサイズ
TextColor 文字の色の選択と変更
UseColorGrid 特定時間の色を変更出来る「12時は赤など」
Use12Hour 12時間表示か24時間表示の選択


「OK」を選択して日本時間を表示させましょう。

インジケーターの設定が完了したらMT4に日本時間が表示されるようになります。

”JPN_Time_SubZero”の設定を行い完了

設定が完了すると、下記の画像の様にMT4下部に日本時間が表示されます。

”JPN_Time_SubZero”の設定を行い完了

以上でMT4に日本時間を表示する方法は完了です。

2. MT5を日本時間に変更して表示してくれるインジケーター

 MT5を日本時間に変更して表示してくれるインジケーター

MT5は、インジケーター「FXmt日本時間」で日本時間表記に変更することができます。

MT4とは違う名前のインジケーターなので、注意が必要です。

以下の4つの手順で、MT5に日本時間を表示させることが可能です

それでは詳しいダウンロード方法や反映方法の手順を見ていきましょう。

手順1.FXmt日本時間(インジケーター)をダウンロード

まずはコチラのサイトからFXmt日本時間、MT5版のダウンロードを行いましょう。

サイト下に設置されたダウンロードボタンの「無料ーMT5(ver2.2)」をクリックします。

クリック後、以下の操作画面に切り替わるので情報を入力してください。

FXmt日本時間(インジケーター)をダウンロード

画面にメールアドレスと名前を入力して無料ダウンロードボタンをクリックします。

クレジットカードなどの種類が表示されますが料金は無料なので関係ありません。

FXmt日本時間(インジケーター)をダウンロード

メールアドレス・名前の入力後、「FXmt日本時間(MT5)220」をクリックします。

するとダウンロードが開始されパソコンに圧縮ファイルが追加されます。

手順2.ダウンロードしたzipファイルを展開する

ダウンロードしたファイルを右クリックして全て展開を選択します。

すると圧縮ファイルから通常のファイル形式になった物が表示されるでしょう。

表示されたらファイルをクリックして開きます。

手順3.インジケーターファイルをMT5のフォルダに移動する

インジケーターファイルをMT5のフォルダに移動する

ダウンロードが完了したらMT5のデータフォルダにインジケーターファイルを移動しましょう。

まずは、先ほど展開した下記のファイルを範囲指定でコピーします。

  • FX日本時間.ex5
  • FX日本時間.220ex5

MT5をパソコン上に立ち上げたらMT5の「ファイル」から「データフォルダを開く」を選択。

MT5のデータフォルダを開きます。

インジケーターファイルをMT5のフォルダに移動する

データフォルダ内の「mql5」のファイルを選択し開いてください。

インジケーターファイルをMT5のフォルダに移動する

次に「indicator」のファイルを開きましょう。

インジケーターファイルをMT5のフォルダに移動する

最後に「Exalpmes」の中にコピーした2つのファイルをExalpmesの中に貼り付けます。

インジケーターファイルをMT5のフォルダに移動する

入れる先のファイルが違うとシステムが機能しない場合があるので注意しなくてはいけません。

そのため、必ず「mql5」から「indicator」そして「Exalpmes」と進みファイルを貼り付けてください。

貼り付けが完了したら、次は再起動とインジケーターの設定です。

手順4.MT5を再起動し表示を確認

ファイルの移動が完了したらMT5を一旦閉じた後再起動します。

その後「インジケータ」そして「カスタム」を選択し「FX日本時間.ex5」と「FX日本時間.220ex5」を選択。

MT5を再起動し表示を確認

選択後に画面に表示されるインプットの設定を行い、インジケーターを表示させましょう。

インジケーターの設定できる内容は以下の表の通りになります。

サーバーと日本時間の差 自動調節のため設定の必要無し
MT5の表示スケジューの消去 日本時間表示の「ON」と「OFF」切り替え
「スプレッド&足残り時間」表示 ロウソク足の切り替わるのカウントダウン「ON」と「OFF」切り替え
日本時間色 日本時間を表示する色の選択

MT5を再起動し表示を確認表に従って設定が完了したら「OK」を選択してインジケーターを挿入してください。

インジケーターの設定が完了すると、以下の画像の様に画面下に日本時間が表示されます。

MT5を再起動し表示を確認

画面下の日本時間の文字を左クリックすることで日本時間が表示出来るようになりました。

これで日本時間への変更は完了です!

3.なぜMT4は日本時間で表示されていないのか

MT5を再起動し表示を確認

MT4は世界中で使用されるシステムなので、どの国でも使用できるようにGMT表記法が採用されているためです

GMT表記法はイギリスのロンドンにあるグリニッジ天文台の時間を基準にした時間の求め方のこと。

ロンドンの時間よりどれだけ離れているかを計算すれば時差を計算することができます。

3-1.MT4・MT5の時差の計算方法

日本とロンドンの時差を割り出すことで時差を計算可能になります。

時差は6時間~7時間で時期によってその時差が変化するため注意しなくてはいけません。

その理由は日本にはないサマータイムという文化が関係しています。

サマータイムは夏場と冬場で時計の針を1時間早める文化のこと。

サマータイムの時期(3月中旬~11月中旬) MT4が朝6時の場合 6時+6時間=昼の12時が日本時間

サマータイム以外の11月下旬~3月上旬 6時+7時間=昼の13時が日本時間

サマータイムを忘れていると、重要指標が1時間早いことに気付かず大きな損失になった。。。

なんてこともありえるので、サマータイムはしっかりと把握しておきましょう。

まとめ

今回は「MT4」と「MT5」を日本時間に対応させる方法を紹介していきました。

MT4は「JPN_Time_Subzero」をダウンロードする必要があります。

そしてMT5は「FXmt日本時間、MT5版」のダウンロードが必要です。

最後にそれぞれのダウンロードしたファイルを適用させる事で日本時間の表示が可能になります。

時間表示を変更する事で更に快適なチャートを作り、トレードの実力を高めていきましょう。

  • MT4を日本時間に変更するインジケーターはコチラ
  • MT5を日本時間に変更するインジケーターはコチラ

関連記事

  1. FXノウハウ

    DD方式とNDD方式の違いは何?無駄な損をしないためには〇〇を使え!

    FX取引における「NDD方式」「DD方式」の違いについてお調べですね。…

  2. FXノウハウ

    海外FXはスキャルピングと相性抜群!お勧め業者やトレード方法を解説

    海外FXで、「10万円を500万円に増やした」というような話を聞いたこ…

  3. FXノウハウ

    MT5にRCIを表示する手順と効果的なチャート分析の方法を詳しく解説!

    『RCI』は沢山あるインジケータの中でも一番といわれるほど代表的なテク…

  4. FXノウハウ

    MT4でバックテストをしよう!~簡単にバックテストする方法を解説~

    「MT4のバックテストを使って、勝率の高い自動売買を見つけたい」「…

  5. FXノウハウ

    初心者必見!~使わないと損するMT5でオススメのインジケーター8選~

    MT5のインジケーターって、沢山あって何を使えばいいか分からなくなりま…

  6. FXノウハウ

    XMのスワップポイントは悪い!?スワップポイント活用法を徹底解説!

    XMのスワップポイントについてお調べですね。スワップポイントという…

最近の記事

  1. FX自動売買

    MT4でEA(自動売買)を使う方法!~設定から取引方法まで徹底解説~
  2. 海外FX口座

    【初心者向け】海外FXの確定申告の方法を3つのステップで徹底解説!
  3. 海外FX口座

    XMって実際どう?~実際の口コミからXMの特徴を徹底調査してみた~
  4. FXノウハウ

    XMのスワップポイントは悪い!?スワップポイント活用法を徹底解説!
  5. 海外FX口座

    知らなきゃ絶対損!~XMの最もお得な口座開設方法はこれだ~
PAGE TOP