海外FX口座

MT4のヒストリカルデータをインポートする方法【MetaQuoes社を調査】

MT4のヒストリカルデータについてお調べですね。

「ヒストリカルデータって何?」「ヒストリカルデータってどうやってインポートするの?」と疑問は多いと思います。

そのため今回は、ヒストリカルデータに関する様々な疑問を解決していきたいと思います。

この記事を読めば、MT4のヒストリカルデータをトレードに活かすことができますよ。

1.MT4のヒストリカルデータとは?

MT4のヒストリカルデータとは?

ヒストリカルデータとは、過去のチャートの情報です。

初期設定のMT4では、過去のチャートは一定期間までしか表示させることができません。

そのため、1分足などでは1.5カ月より前の情報を見るために、ヒストリカルデータを利用する必要があります。

時間足 保存年数 保存しているbarの数
1分足 約1.5カ月分 約65,536 bars
5分足 約4カ月分 約32,768 bars
15分足 約6か月分 約16,384 bars
30分足 約1年分 約16,384 bars
1時間足 約1.5年分 約16,384 bars
4時間足 約3年分 約16,384 bars
日足 約13年分 約16,384 bars
週足 取引開始時~ 約1,024 bars
月足 取引開始時~ 約256 bars

ヒストリカルデータを利用することで、以下の2つのことが可能です。

それでは、ヒストリカルデータの使い方について詳しく見ていきましょう。

1-1.自動売買のバックテストが可能

ヒストリカルデータは、自動売買(EA)のバックテスト時に利用できます。

ヒストリカルデータがなくとも自動売買のバックテストは可能ですが、データ量が少ないため自動売買の信用性は低くなりがちです。

しかし、ヒストリカルデータがあれば過去の全チャート情報を使ってバックテストをすることができます。

自動売買の勝率や利益率などを計算する際は、ヒストリカルデータを全て利用することがおすすめです。

1-2.過去のチャート分析が可能

初期設定のMT4では、過去のチャートは一定期間分しか表示できません。

そのため、「過去の1分足がもっと見たい」というような場合は、ヒストリカルデータを利用する必要があります。

過去のチャートまで分析することができるため、自動売買をしない人であってもヒストリカルデータを利用する価値は十分にあると言えるでしょう。

自分がメインでトレードをしている通貨ペアなどは、ヒストリカルデータでチャート分析しておくことをおすすめします。

2.MetaQuoes社のヒストリカルデータを利用する方法

MetaQuoes社のヒストリカルデータを利用する方法

ヒストリカルデータは、外部からMT4にダウンロードしなければ利用することができません。

ここでは、MetaQuoes社のヒストリカルデータをダウンロードし、自動売買のバックテストをする方法について解説していきたいと思います。

以下の3つの手順で、MetaQuoes社のヒストリカルデータをバックテストに利用していきましょう。

手順1.MetaQuoes社のヒストリカルデータをダウンロードする

まず初めに、MT4を起動します。

MT4を起動したら、画面上の「ツール」をクリックしましょう。

MetaQuoes社のヒストリカルデータをダウンロードする

次に「History Centor」をクリックし、ダウンロードしたい「通貨ペア」と「時間足」を選択しダウンロードしましょう。MetaQuoes社のヒストリカルデータをダウンロードする
インポートをクリックすると自動でインポートが始まります。

手順2.Strategy Testerを起動する

自動売買を検証するためには、Strategy Testerを起動させる必要があります。

MT4の画面から、「表示」をクリックし「Strategy Tester」をクリックしましょう。

Strategy Testerを起動するこれで「Strategy Tester」は起動することができました。

Strategy Testerを起動する
最後に自動売買を起動し検証してみましょう。

手順3.自動売買プログラム(EA)を起動し検証する

Strategy Tester上で、検証したいEAを選択すれば検証することができます。

この時、検証したい「通貨ペア」「時間足」「期間」「検証方法」を選択しましょう。

自動売買プログラム(EA)を起動し検証する

検証に使う通貨ペアの時間足は、すべてダウンロードしておく必要があるので注意してください。

3.ヒストリカルデータはMetaQuotes社がおすすめ

ヒストリカルデータはMetaQuotes社がおすすめ

MT4で利用できるヒストリカルデータは、「MetaQuotes社」「FXDD」の2社からダウンロードできます。

ネット上では、「MetaQuoes社のヒストリカルデータは精度が悪い」と言われていますが、そんなことはありません。

精度が良いと言われている「FXDD」のデータと比べたところ、データに大した差異はなく、利用にも支障をきたしませんでした。

そのため、筆者はMetaQuoes社のヒストリカルデータで問題ないと思っています。

3-1.FXDDのヒストリカルデータをダウンロードしたい場合

ヒストリカルデータはMetaQuoes社のデータで問題ありませんが、FXDDのヒストリカルデータをダウンロードしたい場合は、ここから紹介する方法を試してみてください。

まず初めに、FXDDの公式ページの「ヒストリカルデータをダウンロードする方法」のページに移動しましょう。

FXDDのヒストリカルデータをダウンロードしたい場合

次に、自分がダウンロードしたい通貨ペアをクリックします。

FXDDのヒストリカルデータをダウンロードしたい場合

これでFXDDのヒストリカルデータのダウンロードは終了です。

利用する際は、MetaQuotes社の時と同じ手順で利用することができます。

4.ヒストリカルデータを削除する方法

ヒストリカルデータを削除する方法

ヒストリカルデータを削除せずにためておくと、MT4の動きが非常に遅くなりトレードに支障をきたす可能性があります。

ヒストリカルデータは非常に容量をとるため、利用後は必ず削除するようにしましょう。

まず初めに、「ツール」から「History Center」を起動します。

ヒストリカルデータを削除する方法

次に、「History Center」で削除するデータを選択し、削除しましょう。

ヒストリカルデータを削除する方法

これでヒストリカルデータの削除は完了です。

まとめ

今回はヒストリカルデータについて見ていきました。

ヒストリカルデータを利用すれば、過去のチャート分析や自動売買のバックテストの精度を上げることができます。

ヒストリカルデータを利用するなら、MetaQuoes社のヒストリカルデータがおすすめです。

ヒストリカルデータを利用して、より高度なトレードライフを送りましょう。

関連記事

  1. 海外FX口座

    【初心者向け】海外FXの確定申告の方法を3つのステップで徹底解説!

    海外FXで利益が出たときは当然のことながら確定申告しなければなりません…

  2. 海外FX口座

    【必読】MT4の機能と使い方!~初歩から応用まで全てを徹底解説~

    「MT4は有名だけど、使い方がよく分からない」という方は多いのではない…

  3. 海外FX口座

    絶対に迷わない海外FXの出金方法まとめ!おすすめの出金方法も紹介

    「海外FXの出金が分かりづらい」という、そこのあなた!今回は、そん…

  4. 海外FX口座

    MT4でデモトレードをするまでの方法とおすすめの口座について解説!

    MT4でデモトレードをしてみたいけど、デモ口座の作り方が分からない。。…

  5. 海外FX口座

    ビットポイントでMT4が使える?~メリット・デメリットを徹底解説~

    「ビットポイント」という取引所についてお調べですね。ビットポイント…

  6. 海外FX口座

    たった5分!~XMにMT4(MT5)をセットアップして取引を始める全手順~

    XMでは、MT4・MT5という世界で一番利用されているプラットフォーム…

最近の記事

  1. 海外FX口座

    国内FXより海外FXが絶対お得!~国内FXと海外FXの違いを徹底解説~
  2. 海外FX口座

    MT4とMT5を比べてわかった!本当に優れているのは○○だった
  3. 海外FX口座

    たった5分!~XMにMT4(MT5)をセットアップして取引を始める全手順~
  4. FXノウハウ

    MT4にRCIを表示する手順と効果的なチャート分析の方法を徹底解説!
  5. FXノウハウ

    XMのスワップポイントは悪い!?スワップポイント活用法を徹底解説!
PAGE TOP