海外FX口座

スパンモデルって一体なに?スパンモデルのテクニカル手法を徹底解説

スパンモデルとは何か?をお調べですね。

スパンモデルは、FXの的確な売り買いのタイミングが分かるテクニカルの1つです。

このテクニカルツールを使うだけで、トレードの勝率を上げることができると言われています。

今回は、そんなスパンモデルの特徴と導入方法を具体的に徹底解説。

たった5分の導入で勝率を上げることができるので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.スパンモデルとは

スパンモデルとは

スパンモデルは「短期」と「長期」のトレンド、そして「遅行スパン」の3つの要素で構成されたインジケーターです。

短期トレンドと長期トレンドの線によってエントリーするタイミングと方向を判断できます。

【スパンモデルのエントリーサインの例】

短期線が長期線を下から上に抜いた場合は、買いのエントリーチャンスです。

短期線が長期線を上から下に抜いく形に交わった場合は、売りのエントリーチャンスになります。

スパンモデルは、売り買いのタイミングを決める際の判断材料になるでしょう。

2.MT4でスパンモデルを利用するための3つの手順

MT4でスパンモデルを利用するための3つの手順

スパンモデルは上級者向けのインジケーターのため、MT4の初期設定では入っていません。

そのため、外部から導入する必要があります。

スパンモデルの導入は以下の3つの手順で簡単に行うことができます。

それでは順番に見ていきましょう。

手順1.無料のスパンモデルをダウンロード

コチラのリンクをクリックすると、PCにスパンモデルのファイルがダウンロードされます。

ダウンロードが完了したら、zipファイルを開いてください。

※MT4を利用していない方は、MT4の別途ダウンロードが必要です。

詳しくは「たった5分!XMにMT4(MT5)をセットアップして取引を始める全手順」をご覧ください。

無料のスパンモデルをダウンロード展開が完了したらSpanModelInstallerのファイルを開き、更にファイル中の同名のファイルを開きます。

無料のスパンモデルをダウンロードSpanModelInstaller.exeというアプリケーションがあるので、ダブルクリックしてください。
無料のスパンモデルをダウンロード
ダウンロードが開始されたら、画面の指示に沿ってNEXTを選択しましょう。
無料のスパンモデルをダウンロード
完了したら、自分の使用しているMT4を選択してください。
無料のスパンモデルをダウンロード

以上でダウンロードは完了です。

ダウンロードが終了すると自動でMT4が起動するので、次の手順に移りましょう。

手順2.MT4にスパンモデルを適用

ダウンロードが完了すると、先ほど選択したMT4が自動で起動されます。

MT4にスパンモデルを適応

MT4上の定型チャートに、スパンモデルが追加されているはずです。

【定型チャートとは】

MT4上で設定したインジケーターの組合せを保存して、直ぐに適用できるようにする機能です。

MT4上で右クリックを行い「定型チャートに保存」を選択すると、定型チャートを作成できます。

MT4上でよく使うインジケーターの組合せを作り、定型チャートに保存すると便利です。

MT4上で右クリックを行い、定型チャートから「スパンモデル」選択してチャート上に表示してください。

MT4にスパンモデルを適応以下のような線が表示されれば、スパンモデルの導入は成功です。
MT4にスパンモデルを適応

手順3.スパンモデルの詳細設定

スパンモデルには「短期」と「長期」そして「遅行」の3つの線があります。

スパンモデルの詳細設定

それぞれの意味と、具体的な機能を以下の表にまとめてみました。

スパンモデルの名称 意味や機能の考察 インジケーターの計算式
短期トレンド線 5分~数時間程の短い期間で「売り」と「買い」どちらが強いか表す (転換線の値+基準線の値)÷2
長期トレンド線 数時間~数日での「買い」と「売り」を判断できる。
どちらの方向に強く動くかを予測可能。

(過去52日の最高値)

+

(過去52日の最安値)÷2

遅行スパン トレンドが変わるタイミングを知ることが可能。

当日の終値を

26日前に描写している

スパンモデルは「大きな流れ」=「トレンドを予測する」ことに長けています。

【相場のトレンドとは】

相場が全体的に「売り方向」「買い方向」どちらに動いているかを表しています。

売りが多く相場が下落していれば「下落トレンド」と言い、売り注文で利益が上げやすい相場です。

逆に買いが多く相場の価格が上昇していれば「上昇トレンド」と言い、買い注文での利益が上げやすい相場と言えます。

では実際にスパンモデルはどの様な特徴があり、どんなメリットがあるのでしょうか?

次で分かりやすく解説します。

3.スパンモデルの3個の特徴

スパンモデルの3個の特徴

スパンモデルには3個の特徴があります。

FXの勝率を上げ、大きな利益を上げられる重要な特徴なのでしっかりと確認しておきましょう。

特徴1.長期トレンドで高利益が可能

長期トレンドで多くの利益を獲得できるのが、スパンモデルのテクニカル分析です。

スパンモデルは、10~数時間先まで相場がどの方向に進むかを予測できます。

そのため数秒~数十分の短期取引よりも、数十分~数時間かけてトレードを行う手法にむいているのです。

どの様なテクニカルも、その特性と力を発揮できる時間幅を知っておかなくてはいけません。

短期線と長期線の位置でトレンドがわかる

短期線と長期線の位置でトレンドを判断する事ができます。

下記の画像のように、短期線がロウソク足の下にある場合は、上昇トレンドなので買い注文が有利です。

短期線と長期線の位置でトレンドがわかる

短期線に支えられるように、相場価格もゆっくりと上昇していきます。

反対に、短期線がロウソク足の上にある場合は下降トレンドなので、売り注文を行うのが有利になります。

短期線と長期線の位置でトレンドがわかる

短期線に抑え込まれるように、相場価格も下に下がっていくので売りのエントリーが良いでしょう。

特徴2.スパンモデルでの売買判断

スパンモデルは、短期線と長期線の動きを見ることで売り買いのタイミングを図る方法があります。

スパンモデルでの売買判断

上記の画像のように、スパンモデルの短期線が長期線を上から下に抜いたら「売り注文」と判断しましょう。

反対に下から上に抜いたら、「買い注文」というようにして売り買いのタイミングを判断できます。

スパンモデルでの売買判断

ただし1分~10分程度の短期的な取引では、だましになることが多いので注意しましょう。

【スパンモデルの売買判断方法】

  • 短期線が長期線を上から下に抜いた時が、売りのエントリータイミング。
  • 短期線が長期線を下から上に抜いたら、買いのエントリータイミング。

特徴3.利確タイミングも判断できる

売買の判断に使用した物と同じ方法を使えば、利確のタイミングも判断できます。

利確タイミングも判断できる

上記の画像のように、エントリー後に注文した方向と逆に動く前兆が出たら利確をおこないます。

画像の場合は買い注文なので、短期線が長期線を上から下に抜いたら下降トレンドの前兆なので利確しましょう。

逆に売り注文をした場合は、短期線が長期線を下から上に抜いたら上昇の前兆なので利確します。

こうすることで、エントリーしたポジションで損が発生する前に利益を得られるようになるでしょう。

【スパンモデルの利確タイミング】

買い注文後は、短期線が長期線を上から下に抜いたら下落前に利確。

売り注文後は、短期線が長期線を下から上に抜いたら上昇前に利確。

しかし、この条件だけでは勝率が高いとは言えません。

そこでおすすめなのが、スパンモデルの機能を補完できるスーパーボリンジャーバンドです。

4.スパンモデルを補完するスーパーボリンジャー

スパンモデルを補完するスーパーボリンジャー

スーパーボリンジャーバンドは「値動きの幅」と「トレンドの転換」を表すテクニカルの1つです。

バンドの幅が小さくなれば、その中で相場が小さく値動きすることが予測できます。

遅行スパンの位置で、「売り」や「買い」の注文をするべきタイミングが予測可能です。

そのためスーパーボリンジャーバンドを使えば、売り買いのタイミングと値幅の予想ができますよ。

ではまず、スーパーボリンジャーバンドをMT4に設定する方法を確認していきましょう。

スーパーボリンジャーバンドの詳細

スーパーボリンジャーバンドは、複数の線とインジケーターで構成されています

詳しい内容と、それぞれの意味や機能は以下をご覧ください。

スーパーボリンジャーバンドの詳細

名称 機能や意味
±1σ(シグマ) 値動きが±1σのバンド間に約68.26%の確率で収まる
±2σ(シグマ) 値動きが±2σのバンド間に約95.44%の確率で収まる
3σ(シグマ) 値動きが±3σのバンド間に約99.73%の確率で収まる
移動平均線 20日期間の平均価格を日ごとに繋いだ線のこと
遅行スパン 当日と過去の終値を21日前に表示した線のこと

4-1.スーパーボリンジャーバンドの設定方法

スーパーボリンジャーバンドは、スパンモデルを導入していればすぐに設定可能です。

先ほどのスパンモデルをダウンロードした際に、スーパーボリンジャーバンドも同時に導入されます

スーパーボリンジャーバンドの設定方法

スパンモデルを導入したMT4上で右クリックを行い、定型チャートからスーパーボリンジャーバンドを選択しましょう。

選択が完了すると、下記の画面のようにMT4の画面にスーパーボリンジャーバンドが表示されます。

スーパーボリンジャーバンドの設定方法

4-2.スーパーボリンジャーバンドの買いのタイミング

スーパーボリンジャーバンドで買いエントリーを見極めるには、以下の3つの手順が必要です。

それぞれの条件を把握して覚えておけば、実際のトレードで勝率の高い買いエントリーが可能になります。

ロウソク足の終値が+1aより上に位置している

まずは、ロウソク足がスーパーボリンジャーバンドの+1aより上に位置しているかを確認しましょう。

スーパーボリンジャーバンドの設定方法

この+1aより上にロウソク足がある場合は、上昇トレンドになる前兆です。

前兆の形を知っておけば、事前に「この通貨はそろそろ買い注文したほうが良いな」と判断できるようになります。

同じようなパターンになっている通貨がないか、MT4で分析をおこなってみましょう。

遅行スパンがロウソク足を下からの上につきぬける

先ほどの条件の後に、遅行スパンがロウソク足を下から上に突き抜けたらエントリーのサインです。

遅行スパンは上昇トレンドの前に、ロウソク足を下から上に突き抜けます。

遅行スパンがロウソク足を下からの上につきぬける

そのため、このタイミングで買い注文をすれば、上昇トレンドに乗って多くの利益を出すことができます。

買い注文の金額を設定して、買い注文を行いましょう。

8本目のロウソク足で利確

2つの条件を満たして買い注文をしたら、注文してから相場が反転する前に利確を行いましょう。

スーパーボリンジャーバンドは、トレンドに乗って利益を上げるインジケーターなので、トレンドが終わると損が発生してします。

エントリー後は様子をみながらも、相場のトレンドが反転する前に利確を行いましょう。

※予想がはずれて含み損が出る場合があります。

あらかじめ、どれくらいの損失が発生したら損切りするか決めておくのが大切です。

【損切りとは】

損が発生した場合に、大きな損に膨らみ過ぎないうちにポジションを手放してしまうことを言います。

1万円の損が出たら損切りすることで、10万円などの更に大きな損になることを防げるのです。

事前に損切りする金額1万円などと決めておき、1万円の損が発生したらポジションを手放すなどが良いでしょう。

続いては、スーパーボリンジャーバンドで売り注文をするタイミングを分かりやすく解説します。

4-3.スーパーボリンジャーバンドの売りタイミング

上記の3つの手順に沿って売り注文を行い勝率を上昇させましょう。

ロウソク足が-1aより下にある

ロウソク足の位置を確認して-1aより下にあれば下降トレンドの前兆になります。

ロウソク足が-1aより下にある

この状態の場合は、その後下降トレンドに転換する場合があるので、見つけたら売りの準備をしましょう。

注文は実際に行わなくてもよいので、「この通貨は下落しそうだ」と目星を付けるだけで大丈夫です。

遅行スパンがロウソク足を上から下に突き抜ける

始めの条件を満たした状態でこの条件も満たした場合は、売り注文で利益を上げるチャンスです。

遅行スパンがロウソク足を上から下に突き抜ける

遅行スパンがロウソク足を上から下に突き抜けたら、高確率で下落トレンドが発生します。

自分の資金力にあった売り注文を行い、利確を行うタイミングまでしっかりとポジションを維持しましょう。

反転する前に利確を行う

売り注文を行ったあとは、相場が上昇トレンドに変わる前に利確を行ってください。

利確を行わないと相場の動く方向が逆向きになり、損が発生する可能性があります。

反転する前に利確を行う

スーパーボリンジャーバンドの買いのタイミングで紹介したような前兆がある場合は、早めに利確を行いましょう。

とはいえ、スーパーボリンジャーバンドだけでは勝率が高いとは言えません。

そこでおすすめなのが、始めに紹介したスパンモデルとスーパーボリンジャーバンドを合わせた手法です。

次に紹介する手法を活用すれば、かなり高い確率で利益を獲得できるようになりますよ。

5.スパンモデルはこう使え!実用的な手法を紹介

スパンモデルはこう使え!実用的な手法を紹介

ここでは、スパンモデルと先ほど紹介したスーパーボリンジャーバンドを合わせた手法を解説します。

2つの手法を1つにすることで、エントリータイミングが減る代わりに勝率を上げることが可能です。

そのため相場の中でも、勝率の高いタイミングを見極めて多くの利益を獲得できるようになります。

また、2つのインジケーターは同じ開発者であるマーフィーさんが開発した物なので、相性も抜群です。

【開発者マーフィーとは?】

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドを作り出した日本人の投資家。

投資歴は30年を超えており、その経験から新たインジケーターや手法を多く開発しています。

月収800万円以上の利益を出していて、その実力はプロといえるでしょう。

買いのタイミングと売り買いのタイミングに分けて、分かりやすくまとめました。

ここからは両方のインジケーターを使った手法と、その設定方法を解説します。

5-1.スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの設定

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドを同時に表示させて、分析する環境を整えましょう。

まずはPC上にMT4を起動して、画面上で右クリックをおこなってください。

表示される一覧から定期チャートを選択して、スーパーボリンジャーバンドを表示させます。

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの設定

その後、挿入から「インジケーター」→「カスタム」を選択してスパンモデルを選択してください。

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの設定

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドが、下記のように同時に表示されるようになれば設定完了です。

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの設定

次に、具体的なスパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの手法を分かりやすく解説します。

5-2.スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの買い手法

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの機能を合わせた手法を使えば、勝率を高めることができます。

エントリーする条件や分析の順番は以下の通りです。

  1. ロウソク足の終値が+1aよりも上にある
  2. ロウソク足が遅行スパンを下から上に突き抜ける
  3. スパンモデルの短期線が長期線を下から上に突き抜ける
  4. ボリンジャーバンドが収束していれば買いエントリー
  5. トレンドの転換が起きる前に利確

まずは、ロウソク足の終値が+1aよりも上にある通貨をMT4上で探してください。

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの買い手法

ロウソク足が、遅行スパンを下から上に突き抜けているか、あるいはこれから突き抜けるかを確認します。

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの買い手法

スパンモデルの短期線が長期の線を下から上に突き抜ける、または突き抜けているか確認しましょう。

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの買い手法

最後に、ボリンジャーバンドが収束していれば買いの勢いが強まる前兆なので、買いエントリーを行います。

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの買い手法

エントリー後は様子をみながらも、相場のトレンドが反転する前に利確を行いましょう。

※トレンドが転換し始めると損が発生するので、その場合は冷静に損切りをおこなってください。

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの買い手法

続いては、スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドを用いた売りのエントリーの条件を解説します。

5-3.スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの売り手法

売りを行う場合は、下記の条件の順番に分析を行うことで勝率の高いエントリーできます。

  1. ロウソク足の終値が-1aより下にある
  2. ロウソク足の終値が遅行スパンを上から下に突き抜ける
  3. スパンモデルの短期線が長期線を上から下に突き抜ける
  4. ボリンジャーバンドが収束していれば売りのエントリー
  5. トレンドの転換が起きる前に利確

まずはロウソク足の終値が、-1aよりも下にある通貨をMT4上で探してください。

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの売り手法

ロウソク足が、遅行スパンを上から下に突き抜けているか、あるいはこれから突き抜けるかを確認します。

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの売り手法

スパンモデルの短期線が、長期の線を上から下に突き抜ける、または突き抜けているか確認しましょう。

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの売り手法

最後に、ボリンジャーバンドが収束していれば、売りの勢いが強まる前兆なので売りエントリーを行います。

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの売り手法

エントリー後は様子をみながらも、相場のトレンドが反転する前に利確を行いましょう。

※トレンドが転換し始めると損が発生するので、その場合は冷静に損切りをおこなってください。

スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの売り手法

以上が、スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドを使用した売りのエントリー方法です。

まとめ

スパンモデルは、FXでエントリーするタイミングや方向を決めるのに便利なテクニカルです。

無料で誰でも簡単に導入できて、高い勝率を生み出すことができます。

1つのテクニカルだけで無く、スパンモデルとスーパーボリンジャーバンドの両方を活用することで、最大限勝率をあげることが可能です。

手法やエントリーポイントを覚えて、FXで多くの安定した利益を獲得していきましょう。

関連記事

  1. 海外FX口座

    国内FXより海外FXが絶対お得!~国内FXと海外FXの違いを徹底解説~

    FXを始めるとき、「国内FX」か「海外FX」どちらで口座を作るかお悩み…

  2. 海外FX口座

    ironfxとは、どんなFX業者?~特徴や口コミを分かりやすく解説~

    海外FX業者のironfxについてお調べですね。ironfxは、1…

  3. 海外FX口座

    絶対に迷わない海外FXの出金方法まとめ!おすすめの出金方法も紹介

    「海外FXの出金が分かりづらい」という、そこのあなた!今回は、そん…

  4. 海外FX口座

    FxProってどんなFX業者?口コミからその実態を徹底調査してみた

    FxProについてお調べではありませんか?FxProは「世界150…

  5. 海外FX口座

    XMはスプレッドが広いのになぜ人気!?~人気の理由を5個ご紹介~

    日本人利用率NO.1の『XM』のスプレッドについてご存じですか?F…

  6. 海外FX口座

    海外FXはゼロカット制度で安心!追証なしで取引できる理由を徹底解説

    「突然の大暴落で全ての資金を失ってしまった」「口座の残高が-1,0…

最近の記事

  1. 海外FX口座

    海外FXはゼロカット制度で安心!追証なしで取引できる理由を徹底解説
  2. 海外FX口座

    XMって実際どう?~実際の口コミからXMの特徴を徹底調査してみた~
  3. 海外FX口座

    bigboss fxはオススメ?~実際の評判から特徴や注意点を徹底解説~
  4. FX自動売買

    FXの自動売買で稼ぐにはこれを使え!~あなたに合ったEAを紹介~
  5. 海外FX口座

    MT5のデモ口座はここがおすすめ!~デモ口座開設方法を徹底解説~
PAGE TOP