【結論】スタンダードタイプがおすすめ|XM口座タイプの種類と選び方

海外FX口座

XM

今回の記事では、以下のような悩みを解決することができます。

  • 口座タイプの種類と自分にあった口座って何?
  • 他の業者よりもXMはお得なの?

XMは最も人気のある海外FX業者ですが、口座の種類が多過ぎて初心者が口座を選びずらいと言われています。

そこで今回は、「XMの口座の種類・選び方」について徹底解説。

僕自身2年間XMを利用してきた経験に基づいて解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

【もうか~るFXのLine@に登録して有益情報をGet!】

もうか~るFXでは、Line@でプロによる日々の相場分析を無料で配信しています。

それに加え、もうか~るFXが実際に利用している限定のインジケーターも無料プレゼント中です。

これらを使えば、FXでより利益を残せるようになること間違いありません

プロによる有益情報の配信は随時おこなっているので、ぜひ友達登録してみてくださいね。

友だち追加

1.XMとは

XM

まず初めに、XMについてあまり知らない人のために、XMについて解説します。

XM(XM Trading)とは、 Tradexfin Limited社が運営する海外FX業者のことです。

大手国内FX業者に負けず、日本人からの信頼が厚く、利用者が最も多い海外FX業者となっています。

XMの特徴まとめ

  • 最大レバレッジが888倍、約定力100%という優れたトレード環境
  • 現在17名の日本人スタッフによる丁寧なサポートと充実した日本語対応
  • 手数料がなくスムーズな入出金処理
  • 口座開設時や入金ごとに付与される証拠金ボーナス
  • 取引ごとにもらえるXMPロイヤリティポイント

XMは、MT4チュートリアル動画や日本語のウェブセミナーなど顧客サポートにも注力していることで有名です。

そのため、XMであれば「数あるFX業者の中でも特に初心者におすすめ」の業者と言えるでしょう。

XMには三つの口座タイプがありそれぞれの特徴があるので次の項で説明します。

2. XMで利用できる口座タイプ

XM口座タイプ

XMには、「スタンダード口座 」「マイクロ口座」「Zero口座」の3種類の口座があり、それぞれに特徴・メリットがあります。

スプレッドやレバレッジ、取引サイズなどで比較してみたので、一緒に確認していきましょう。

  マイクロ口座 スタンダード口座 Zero口座
注文方法 STP ECN
平均スプレッド ドル円2.0pips ドル円0.1pips
取引手数料/Lot 無料 往復10通貨
最大レバレッジ 888倍 500倍
1Lot 1000通貨 10万通貨
最大取引サイズ 100Lot 50Lot
最小取引サイズ 0.01Lot(MT4)
0.1Lot(MT5)
0.01Lot
最低入金額 5$ 100$

取引ボーナス

100%入金ボーナス
3000円未入金ボーナス
XMPロイヤリティプログラム
3000円未入金
ボーナス
CFD取引
ロスカット水準 20%以下
ゼロカットシステム あり

【スプレッド】

スプレッドとは、買値価格と売値価格の差のことです。

【レバレッジ】

レバレッジとは、少ない資金で大きな金額での取引が可能にする仕組みです。

【CFD取引】

CFD取引とは、証拠金を預け銘柄を売買してその差金のみを決済する「差金決済取引」です。

ゼロカットシステム

ゼロカットシステムとは、口座残高以上の損失をしたときに追加で損失分を支払わなくていい制度のことです。

スタンダード口座

XMボーナススタンダード口座は、3種類ある口座の中で最もボーナスが豊富な口座となります。

スタンダード口座では、XMの魅力である口座開設時と入金のボーナスとしてもらえる「3種類のボーナス」をすべて受け取ることが可能です。

具体的なボーナス内容は、口座開設で3000円、そして口座入金ボーナス最大50万円です。

さらに、XM独自のポイント制度であるXMロイヤリティプログラムというものもあり、取引をするたびにポイントが貯まります。

貯まったポイントはクレジット(有効証拠金)として、そしてそのポイントで獲得した利益は現金としても交換することもできるため、こちらも頻繁に取引するトレーダーにとってメリットのあるプログラムです。

それに加え、最大レバレッジサイズが888倍と高いレバレッジになっています。

最小取引サイズも0.01Lotとかなり小さいサイズでの取引が可能なので、少ないお金で高いレバレッジ生かした取引をすることができるのが魅力です。

マイクロ口座

マイクロ口座は基本的にはスタンダード口座と同じで、主な違いは「取引単位の違い」になります。

大きな特徴は「10通貨から取引可能」なことです。

マイクロ口座は1Lot=1000通貨となっています。

マイクロ口座はMT4での最小取引サイズが0.01Lotとなっており、10通貨から取引可能です。

そのため「海外口座を初めて使うけれど、FXに慣れていないから大きな単位の取引が不安」という数千円単位で始めたい人向けの口座になります。

しかし、10万通貨以上のポジションではエントリーできないので、海外口座のメリットであるレバレッジを生かした大きな取引はできません。

そのため、今後大きなポジションで取引をしたい人はスタンダード口座をおすすめします。

Zero口座

XM Zero

Zero口座は他の口座と注文方法やレバレッジ、ボーナスについて大きく違います。

Zero口座の最大の特徴はスプレッドが最狭0pipsと非常に狭いスプレッドであることです。

Zero口座はECN方式を用いており、最低スプレッドは0pipsでドル円平均スプレッドは0.1pipsと狭くなっています。

しかし、スプレッドとは別に取引手数料が1Lot取引につき10通貨必要なので注意です。

Zero口座の最大レバレッジは500倍で、他の口座の888倍のレバレッジに比べると低くなっています。

最低入金額もマイクロ口座とスタンダード口座はワンコインの5$(≒500円)であるのに比べて、100$(≒10000円)となっており少しハードルが高いです。

それに加えてボーナスが他の口座より少なくなっています。

Zero口座はボーナス対象外の口座になっていて、口座解説ボーナス3000円はもらえますが、他の二つの100%入金ボーナスとXMPロイヤリティプログラムでもらえるXMPがもらえません。

ここで注文方法のECNとSTPの違いって何?どっちがいいの?と思う人もいると思うので簡単に説明します。

ECN方式とは

ECNECN方式とは「Electronic Communications Network」の略です。

ECN方式は、海外FX業者が仲介をせずにトレーダーとマーケットが直接取引をする注文の処理方式になります。

これによって直接マーケットの値での為替レートで取引を行うことができ、トレーダーはマーケットにいる他の個人トレーダーや機関投資家と、オークション形式で取引します。

ECN方式はSTP方式に比べてスプレッドが非常に狭いことが特徴です。

そのためスプレッドにこだわる上級者であれば、ECN方式の方をおすすめします。

STP方式とは

STPSTP方式とは「Straight Through Processing」の略です。

STP方式は海外FX業者が直接トレーダーとマーケットのFX取引を仲介する注文の処理方式になります。

しかし、海外FX業者が販売業者として、トレーダーの注文を直接保留にしたり、決済するわけではありません。

トレーダーとマーケットの注文を海外FX業者が仲介して、マッチさせるFX取引を実行させる仕組みになります。

要するにこの二つの注文方法の違いは取引を、「マーケット」で直接するか「海外FX業者の取引所」でするかの違いです。

  ECN方式 STP方式
取引手数料 往復10ドル(1.0pips) 0.0pips
スプレッド 0.1pips 1.5pips
トータルコスト 1.1pips 1.5pips

表をみてみると、ECN方式の方が「取引手数料はあるがトータルコストではスプレッドが小さい」ということが分かりますね。

しかし、XMの場合ではECN方式のZero口座ではレバレッジが低く最低入金額が高いです。

そのため海外FXが初めての人は、特別な理由がない限り取引手数料のないSTP方式のスタンダード口座をおすすめします。

XMが海外業者より良い点

ここでXMって他の海外業者と比べてどこがいいの?という人もいると思います。

XMは他の海外業者と比べて他社に勝る点がいくつもあります。

1. ボーナスが他社より充実

せっかく始めるならもらえるボーナスが多い方がいいですよね。

XMには紹介した3つのボーナスがあり、どのボーナスも他社より充実しています。

2. 業界一の57種類の通貨ペア数

通貨ペアによって癖があり、人によって向き不向きがあります。

そのため多くの中から自分にあった通貨ペアを選ぶことが可能です。

3. 日本語対応もバッチリ

XMは日本人利用者が一番多いこともあり日本人スタッフの数も多いです。

最初は不安がつきものなので、何かあったときの対応にも安心して対処してくれます。

このようにFX初心者が初めて使う海外業者であれば安心して使えるXMがおすすめです。

3. 結論!初心者はスタンダード口座がおすすめ

XM口座今回マイクロ口座、スタンダード口座、Zero口座を紹介比較しましたが、

結論スタンダード口座がおすすめです。

スタンダード口座は初心者から上級者までの全てのニーズを満たしています。

  • レバレッジ最大888倍の取引
  • 口座開設ボーナスが3000円
  • 入金ボーナス最大50万
  • XMPロイヤリティプログラム
  • 最低入金額500円

マイクロ口座は普通にFXをする人には1Lot1000通貨と少なく、Zero口座はトータルコストは下がるがXMを使う際のボーナスがなくなってしまいます。

よって初心者はスタンダード口座がおすすめです。

XMでは後から口座の追加もできるので、他の口座が使いたくなったら追加口座を作りましょう。

4. XMでFXを始めるには

XMの口座開設方法を2つのステップで紹介

最後に、実際にXMで口座開設をする方法をご紹介します。

たった3ステップで口座開設できるので、よく読みながらミスの無いように登録していきましょう!

▽クリックで各ステップまで移動します。

ステップ1.まず確認!口座開設前に準備しておくもの

ステップ2.個人情報・取引口座情報の登録

ステップ3.本人確認書類+現住所確認書類の提出

ステップ1.まず確認!口座開設前に準備しておくもの

XMの口座開設に必要なものは、「身分証明書」と「現住所確認書類」の2つのみです。

こちらの2つを事前に手元に用意しましょう。

身分証明書とは、公的機関の発行した「写真付き身分証明書」のことです。

必ず写真のあるものを用意しましょう。

【XMの口座開設に使える身分証明書一覧】

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 障害者手帳
  • 外国人登録証
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

現住所確認書類とは、現住所の記載された、第三者機関が発行した書類のことです。

こちらは顔写真がないものでも問題ないですよ。

【XMの口座開設に使える現住所証明書一覧】

  • 運転免許証(身分確認書と併用できない)
  • マイナンバーカード(身分確認書と併用できない)
  • 健康保険証
  • 電気,ガス,水道等の公共料金請求書や領収書
  • 住民票
  • 固定電話、携帯電話の料金請求書や領収書
  • クレジットカードや銀行の明細書や領収書
  • その他納税通知書などの租税関係の書類(領収書などは発行日より6か月以内のもの)

上記の中から組み合わせて2つを手元に用意しましょう!

ステップ2.個人情報・取引口座情報の登録

必要な書類が揃ったら次は登録をしていきます。

XMの口座開設はこちら

初めに、XMの公式ページよりXMの口座開設ページに移動しましょう。

個人情報・取引口座情報の登録

こちらの画面が開きますので、個人情報内のお名前記入欄を全て英語で記入します。

例)山田太郎さんの場合

下のお名前 Taro

姓 Yamada

先頭の文字のみ大文字にすることを忘れないようにしましょう。

その後、在住国はスクロールしてJapanを選択し、希望言語も日本語を選択してください。

最後に、現在利用している電話番号とEメールアドレスを記入して個人情報の登録は終了です。

 取引口座詳細の記入方法

次は、下記にある取引口座詳細を入力していきます。

 取引口座詳細の記入方法

取引プラットフォームタイプの選択欄がありますが、こちらはMT4かMT5のどちらを使うかの確認です。

MT4、MT5って何?という方はMT4を選びましょう。

MT4、MT5とは、実際にFXのトレードをするときにチャートをチェックしたり、売買などの取引を行うための「プラットフォーム」のことです。

【プラットフォーム】

アプリケーションを動作させるための環境のこと

その中でMT4は世界で一番利用者が多いプラットフォームです。

そのため、MT4に関する情報はインターネット上に沢山溢れているので、使い方やわからないことも調べたらすぐに解決策が出てきます。

MT4、MT5について詳しく知りたい方は、MT4とMT5って一体なに?の記事をご覧ください。

口座タイプの選択

次は口座タイプを選択していきます。

種類 メリット デメリット
スタンダード
  • 1000通貨からの取引に対応
  • 数百円から取引可能
  • 口座開設ボーナスあり
  • 特になし
マイクロ
  • 10通貨からの取引に対応
  • 1円から取引可能
  • 低資産でもリスクが少なく運用可能
  • 口座開設ボーナスあり
  • 上限が10万通貨まで
Zero
  • スプレッドがとても狭い
  • 別途一定の手数料
  • 口座開設ボーナスの
  • 対象外

口座タイプには上記の三種類があるのですが、オススメはスタンダード口座です。

それでは口座別に詳細を見ていきましょう。

スタンダード口座

スタンダード口座は、1000通貨から取引が可能なので、数百円からでも取引ができます。

更に上限も500万通貨までと広く、少ない資金で効率よく稼ぐには最適です。

スタンダード口座は、ボーナス対象口座であるため、無料で3000円分のポイントが貰えます。

以上の理由より、初めて海外FXを利用するのであればこのスタンダード口座が最適です。

マイクロ口座

マイクロ口座は、10通貨からの取引が可能な口座です。

数円単位から取引ができるので、「初めは少額で勉強したい」という方には向いています。

しかし、最高でも10万通貨までしかエントリーができません。

そのため、ある程度知識や実力がついてきた際に他の口座を再度作る必要性があります。

ただ、こちらでも100%入金ボーナスと口座開設ボーナスで3000円のキャッシュバックが適用されますよ。

zero口座

Zero口座は、スプレッド(変動する手数料)が少ない代わりに毎取引ごとに一定の利用手数料がかかります。

数百万、数千万円ほどの大きい資金で運用するのであればzero口座がオススメです。

しかし、口座開設ボーナスと100%入金ボーナスが得られないことに注意しておきましょう。

口座の選択ができたら、「ステップ2へ進む」を押して次に進みましょう。

個人情報と住所詳細の登録

個人情報と住所詳細の登録

次のページでも個人情報を書き込む場所がありますので、指示通りに書き込みましょう。

  • 一番上のお名前記入欄は全角カナで記入
  • 生年月日はご自身のものをスクロールして選択

その後の住所詳細の記入ですが、こちらは英語で記入する必要があります。

個人情報と住所詳細の登録

都道府県、市を記入

上記の画像では例として東京都での場合を記入してあります。

例)東京都→Tokyo 北海道→Hokkaido 

番地、部屋番号記入を記入

こちらは、左から番地を記入し、部屋番号がありましたら其のあとに記入します。

例)1丁目2番地3号400号室の場合→1-2-3,400

※建物名は必要ありません。

区町村名、町名を記入

こちらも画像の通り、英語で記入しましょう。英語表記ですと、日本とは逆の書き方になりますので注意しましょう。

例)新宿区新宿→Shinjuku,Shinjuku-ku 船橋市潮見町→Shiomimati,Funabashi

郵便番号を記入

こちらは日本での書き方と変わりません。

ハイフン無しで記入しましょう。

納税義務のある米国市民ですか?に回答

こちらは、日本国籍の場合は、「いいえ」を選びます。

取引口座詳細と投資家情報の入力

個人情報と住所詳細の登録

取引口座詳細では、以下の3つを入力します。

  • 口座の基本通貨
  • レバレッジ
  • 口座ボーナス

口座基本通貨は、USD、EUR、JPYから選べますが、特に理由がなければJPYを選びましょう。

レバレッジは、XMでは最高888倍まで選択することができます。

口座開設ボーナスとは、キャッシュバックや入金ボーナスを受け取るかどうかの質問ですので、必ず受け取りを希望するを選択してください。

希望しないを選択してしまうとボーナスが得られませんので注意しましょう。

投資家情報の入力

投資家情報の入力

投資額

自身が投資に利用する金額の範囲を選択します。米ドルで表記されていますので、1ドル約100円で計算しましょう。

例)100万円から始めたい→100万円は1万ドル→0~20000 の範囲を選択

取引目的及び性質

自身がFX会社を利用する目的を選択します。FXで稼ぎたいと考えている方は投資を選択しましょう。

雇用形態

自身の雇用形態を選択します。学生や職に就いていない方でも選択欄がありますのでご安心ください。

例)会社に勤めている→被雇用者を選択

職種

上記の雇用形態で被雇用者もしくは自営業を選択した方には、職種を選択する欄が出てきます。

こちらで最も当てはまるジャンルの職種を選択します。

※学生、無職、退職者を選択した場合は職種欄が資金源に変更されます。

こちらも資金源の中の選択肢から一番当てはまる物を選びましょう。

例)建築系の会社に勤めている→職種内の建設を選択

  学生でアルバイトをしている→雇用/事業収入を選択

学歴

自身の最終学歴を選択します。学士、修士、博士という選択肢がありますが、

  • 大学を卒業している→学士
  • 大学院の修士課程を終えている→修士
  • 大学院の博士課程を終えている→博士

となります。

所得総額

自身の所得総額に近いものを選択します。こちらも米ドルでの表記ですので注意しましょう。

例)所得総額が400万円→50,000未満を選択

純資産

自身の純資産額の近いものを選択します。

純資産は主に会社を経営されている方に関係のある内容ですので、特に純資産がない場合には50,000未満を選択します。

ここまで記入できましたら更に下にスクロールをします。

口座パスワードの登録と確認

口座パスワードの登録と確認

口座パスワード

口座にログインする際に利用するパスワードを記入します。

こちらは第三者がわかりにくいパスワードにしましょう。

パスワードは大文字、小文字、数字を含む必要があります。

確認

最後に、確認事項を読み同意できましたら四角を押してチェックマークを入れましょう。

以上で利用登録と口座開設が完了となります。

緑色のリアル口座開設ボタンを押して終了しましょう。

ステップ3.本人確認書類+現住所確認書類の提出

本人確認書類+現住所確認書類の提出

口座開設が終了したら、登録したメールアドレスにXMからの確認メールが届きます。

「Eメールアドレスをご確認ください」のボタンを押しましょう。

※こちらのリンクはメールが送信されてから24時間以内のみ有効ですので気を付けましょう。

認証が終わったら、会員ページへログインします。

ログインができたら、オレンジ色の今すぐ口座を有効化するを押します。

本人確認書類+現住所確認書類の提出

「ご本人様確認書類」をアップロードする画面に飛ぶので、初めに用意した身分証明書現住所確認書類をアップロードてください。

机などに書類(またはカード)を置き、全体が移るようにスマホなどで写真を撮り、それを添付します。

必ず写真がぶれたりぼやけていないか確認してからアップロードしましょう!

アップロードが完了するとアップロード完了通知がメールに届きますが、返信する必要はありません。

ここまでの作業で本人確認書類+現住所確認書類の提出は終了です。

24時間以内に口座が有効化されますのでお待ちください。(早いと数十分で有効化されます。)

まとめ

今回はXMの口座タイプの種類と選び方について解説しました。

XMの口座タイプは豊富で、自分に合ったものを選ぶことが可能です。

初心者であれば、スタンダード口座を選んでおけば間違いないです。

XMは他の海外業者よりもお得なボーナスや業界一の取引通貨ペア数、日本人対応に優れいる点で安心して利用することもできます。

とはいえやってみないとわからないのでとりあえず口座開設してトレーダーとしての第一歩を踏み出していってください。

関連記事

  1. 海外FX口座

    iFOREXってどんな海外FX業者?選ぶべき5つの理由や口コミを徹底解説

    iFOREXについて、お調べですね。iFOREXは日本語のサポート…

  2. 海外FX口座

    絶対に迷わない海外FXの出金方法まとめ!おすすめの出金方法はこれだ

    「海外FXの出金が分かりづらい」という、そこのあなた!今回は、そん…

  3. 海外FX口座

    XMって実際どう?トレーダーの口コミから7の長所と1の短所を徹底解説

    この記事では、日本で最も人気のある海外FX業者「XM」の評判・筆者の見…

  4. 海外FX口座

    【5社比較】主な海外FX業者をスワップで比較!おすすめの海外口座はこれだ

    海外FX業者のスワップポイントをお調べですね。スワップポイントはF…

  5. 海外FX口座

    XM最低入金額は500円!少額の入金でリスクを抑えながら取引する方法を解説

    XMのサーバー時間を教えてください。XMの最低入金額についてお調べです…

  6. 海外FX口座

    【必読】TitanFXって実際どう?利用する前に知っておきたい特徴を解説

    TitanFXについてお調べですね。今回は、海外FXのTitanF…

LINE@で無料動画配信中!

最近の記事

  1. MACD 使い方 アイキャッチ
  2. MACD ダイバージェンス
  3. RSI ダイバージェンス アイキャッチ
  4. FX やめとけ アイキャッチ
  1. FXノウハウ

    ミラートレーダーは稼げる?今話題のミラートレーダーについて徹底解説
  2. FXノウハウ

    ニートでもFXはできる?FXニートで稼げる金額やメリットも徹底検証してみた
  3. 海外FX口座

    たった5分!Axioryで口座を開設するための手順を初心者向けに徹底解説!
  4. FXノウハウ

    デイトレードって一体何?デイトレードの基本から具体的な手法まで徹底解説
  5. 海外FX口座

    海外FX業者13社比較!安心安全で本当におすすめできる業者はここだ
PAGE TOP