【初心者も1分でわかる】MT4インジケーターの追加方法を徹底解説!

MT4

MT4のチャートの基本的な機能を理解した後は、色々なインジケーターを探し、自分専用のMT4チャートを作成することができます。

具体的にはMT4でローソク足やその他のチャート要素の色を変更する方法や、さまざまなインジケータを追加する方法を学ぶことで、取引をより効率的に行うことができます。

MetaTrader5をお使いの方は、MT5の記事をお読みください。

この記事では、MT4でチャートを編集したり、インジケーターを追加し、設定する方法、インジケーターのダウンロードとインストール方法、カスタムインジケーターの作成方法などを紹介します。

1.チャートの編集方法

ここでは、チャートの編集・カスタマイズの手順をご紹介します。

a.カラー変更

コンテキストメニューを開いて「プロパティ」を選択し、さまざまなチャート要素の色を変更することができます。

値動きを明確にするためには、ローソク足の設定を変更して、陽線と陰線の色を変えることができます。

背景色を完全に変更することで、全く異なる印象を与えることができます。

また、カラーのカスタマイズも可能です。例えば、新しい配色で最も映えるようにグリッドの色を微調整することができます。色をクリックしたら、「カスタムカラーに追加」を選択し、「OK」をクリックします。

b.グラフのテンプレート、プロファイルの活用

作成した新しいチャートをテンプレートとして保存しておけば、他のチャートや取引口座にすぐに適用することができます。チャートからコンテキストメニューを開き、「テンプレート」から「テンプレートの保存」を選択するだけです。

作成したテンプレートに名前を付けて保存し、「保存」をクリックします。

テンプレートは、コンテキストメニュー(ファイルブラウザーウィンドウが開きます)またはツールバーの「テンプレート」ボタンからも読み込むことができます。

同じ操作をコンテキストメニューから行うことができます(ファイルブラウザーウィンドウが開きます)。

プロファイルは、テンプレートと同様に、チャートグループ全体の設定を保存・読み込みできるオプションです。

プロファイルの管理は、「ファイル」メニューまたはツールバーの「プロファイル」ボタンから行えます。

2.インジケーターの追加方法

インジケーターは、「挿入」メニュー、「ナビゲーター」からチャートにドラッグ&ドロップするか、ツールバーの「インジケーターリスト」から追加することができます。

3.インジケーターの設定方法

インジケーターの設定は、チャートと同様に行うことができます。ほとんどのインジケーターには、色や線の太さ、期間や「固定最小」「固定最大」のオプションなど、線のスタイルを設定できるパラメータがあります。

インジケーターによっては、さらに設定可能なパラメータがあります。設定が気に入らない場合は、いつでもリセットすることができます。

すべてのインジケーターは、設定ウィンドウの「可視化」タブから異なるタイムフレームに設定することができます。デフォルトの設定では、タイムフレームを切り替えても、インジケータは常にチャート上に表示されます。

設定画面は、インジケーターをアクティブにした後、コンテキストメニュー(右クリック)から開くことができます。インジケータを削除するには、同じメニューの「デリート インジケーター」を選択してください。

たくさんのインジケーターを追加している場合は、チャート上で右クリックして、メニューから「インジケーターリスト」を選択してください。

すると、有効化されているすべてのインジケーターから必要なものを必要なだけ選び、一度に削除することができます。

チャート分析のために、「挿入」メニューや「ラインスタディ」ツールバーからグラフィックオブジェクトを追加することができます。

4.インジケーターのダウンロードとインストール方法

選んだインジケーターのページにアクセスし、ダウンロードしてください。

インジケーターをダウンロードすると、自動的にインストールされ、「ターミナル」ウィンドウの「マーケット」タブに表示されます。

インジケーターは 「ナビゲーター 」ウィンドウに表示されます。「ナビゲーター」ウィンドウのコンテキストメニューから、起動したり変更したりすることができます。

また、新しいインジケーターを見つけるには、「ナビゲーター」ウィンドウで「インジケーター」のコンテキストメニューを開き、「オンラインライブラリ」を選択します。

すると、利用可能なインディケータのリストが「ターミナル」ウィンドウに表示されます。そこで、それらをクリックして、そのページにリダイレクトすることができます。その後の手順は同じです。

5.カスタムインジケーターの作成方法

上級のトレーダーやコーダーは、独自のインジケータを設定することができます。これを行うには、再度コンテキストメニューを開き、「MetaEditorで作成」を選択します。

MetaEditorが自動的に開きます。MetaEditorでは、カスタムインジケータ、Expert Advisors、スクリプトを自由に作成することができます。

まとめ

ここでは、私たちが日々の取引で使用しているMT4でチャートを編集したり、インジケーターを追加し、設定する方法、インジケーターのダウンロードとインストール方法、カスタムインジケーターの作成方法をご説明させて頂きました。

自分の取引戦略に必要なMT4インジケーターを複数表示させることも可能です。

取引を始めたばかりで、最適なMT4インジケーターをどこから学べばいいのかわからない場合でも、まずはインジケーターを表示し、眺めてみることをお勧めします。

最後になりますが、新しい戦略を導入する際には、実際の資金を投入する前に、必ず良いデモチャートでテストするようにしてください。

ピックアップ記事

  1. 【初心者も1分でわかる】MT4インジケーターの追加方法を徹底解説!

関連記事

  1. MT4

    MT4インジケーターのインストール方法|勝ち組トレーダー必須アイテム

    MT4は、金融市場、特に外国為替取引において、個人トレーダーに非常に人…

  2. MT4

    フィボナッチリトレースメントを自動表示させるMT4インジケーターを徹底解説!

    フィボナッチ・リトレースメントとは、FXにおけるテクニカル分析の手法の…

  3. MT4

    【初心者必見】誰でも簡単にできる最短MT4アラート設定方法

     MT4には、自分が選択した価格レベルに達したときにトレーダーに通知す…

  4. MT4

    【もう逃しません!絶好のエントリー機会】MT4アラート設定方法

    チャートを何時間も監視して、適切なエントリーのタイミングを待つことがで…

  5. MT4

    タイムインジケーターとは?MT4で世界中の時計を表示させる方法

    市場のオープンやニュースリリースなど、特定の市場の時間帯は他の時間帯よ…

LINE@で無料動画配信中!

最近の記事

  1. 海外FX口座

    MT5のデモ口座はここがおすすめ!おすすめ口座と口座開設方法を徹底解説
  2. FXノウハウ

    【FXは超安全】初心者だからできるFXをノーリスクで楽しむ方法を徹底解説
  3. 海外FX口座

    海外FXの評判を徹底解説!実際の評判から安全性の高い海外FXまで紹介
  4. FX やめとけ アイキャッチ

    FXノウハウ

    【真実】FXはやめとけというのは本当?FXで勝てるのかを徹底考察!
  5. FXノウハウ

    海外FXの税金って高い・安い?絶対に得する税率を分かりやすく解説!
PAGE TOP