【初心者必見】MT4高値安値インジケーターの表示方法

MT4

<

NAME

ここにテキストを入力

p>高値・安値戦略は、外国為替市場における取引戦略の一つです。

値動きの中でサポートとレジスタンスのエリアを特定し、トレーダーがトレンドに沿って取引するための確かな根拠を提供します。

また、この戦略を簡単に自分のトレードスタイルに取り込める便利なMT4インジケーター「高値・安値」をここで紹介させて頂きます。

この戦略は、金・銀を含むすべてのFXペアで使用できる、汎用性の高いアプローチです。

1.「高値・安値」戦略とは?

「高値・安値」戦略は直近で付けた高値をレジスタンスライン、安値をサポートラインとしてトレードを行う戦略です。

直近で高値を付けたということは、言い換えるとその高値以上の価格には到達しなかったということであり、そのラインがレジスタンスラインとなっていることを示します。

安値も同様に、直近で安値を付けたということはその安値より価格は下がらなかったということであり、そのラインがサポートラインとなっていることを示します。

同じ高値や安値で複数回跳ね返されている場合はより効力を増すことになります。

これは最もポピュラーな戦略といっても過言ではありません。

2.なぜ「高値・安値」戦略は有効なのか?

この戦略が有効であるのは勝率が高いという点に加えて、損益比率が非常に良くなるという点です。

最初にエントリーする際に、ある程度のストップロスのラインを想定するわけですが、この戦略の根拠となっているレジスタンスライン、サポートラインを割る位置にストップロスを置くことで、損失をかなり限定できる点がこの戦略の最も優れたポイントであり、この戦略がポピュラーで有効な理由です。

3.「高値・安値」戦略の売買ルール

この戦略は、価格チャート上に青いレジスタンスラインと赤いサポートラインをプロットするインジケーターを使用することです。

これらのラインは、価格がレジスタンスラインとサポートラインを形成するエリアを示しています。

インジケーターは、過去の価格変動を見て、価格がどこで高値と安値を付けたかを特定し、これらの重要なエリアを使ってレジスタンスラインとサポートラインをプロットし、将来の取引のベースとすることができます。

インジケーターによってラインがトレースされると、トレーダーはサポートで買い、レジスタンスで売ることでレンジ取引を設定することができます。

(a)ロングエントリーする場合

以下の場合にロングエントリーを行います。

  1. 価格は赤のサポートラインで跳ね返りました。言い換えれば、価格は赤いサポートラインに触れたが、そのラインを割らなかった。これは、サポートラインがまだ有効であり、破られていないことを示しています。
  2. 次のローソク足が開いたら、トレーダーはサポートラインの価格をエントリー価格として、買いの注文を入れます。

ストップロスとテイクプロフィットの設定

サポートラインでエントリーすることで、トレーダーは非常にタイトなストップを設定することができます。

トレーダーは、いくつかの過去のローソク足を見て、サポートを超えて閉じる前にどれだけ低くなったかを確認し、ストップロスをこれらのローソク足の安値の下に設定します。

ストップロスはサポートラインの少し下に設定します。

利益確定のポイントは、当然ながら次の重要な抵抗エリアである抵抗線になります。

利益を確保するためには、価格の動きが利益の領域まで一定の距離を移動したら、ストップロスの位置を変更する必要があります。

ストップロスの位置をどこに変更するかについては、厳密なルールはありません。トレーダーの裁量に委ねられています。

トレーダーは、利益が出た時点で手動で取引を終了し、価格がサポートラインまで戻ってくるのを待って、そこから新たなロングエントリーを行うことで、スキャルピングを行うこともできます。

この方法は、今回のトレード例のように、ほとんどのトレードがレンジの端から端へと移動するのに時間がかかる場合には、非常に有効です。

(b)ショートエントリーする場合

以下の場合に、ショートエントリーを行います。

  1. 価格が上昇して青いレジスタンスラインにタッチしても、その上にブレイクしていかず再び下落して青色のレジスタンスラインを下回った場合。
  2. レジスタンスラインの価格をエントリー価格として、売りの注文を入れます。

ストップロスとテイクプロフィットの設定

レジスタンスラインでエントリーした場合、トレーダーは非常にタイトなストップを設定することができます。ストップロスはレジスタンスラインの上、そして直近のローソク足の高値の上に設定し、価格がレジスタンスを超えた場合に損失が限定的になるようにします。

価格がサポートラインを下回れば、利益確定のポイントは次の重要なサポートエリアである赤いサポートラインになります。

しかし、利益を確保するためには、価格の動きが利益の領域まで一定の距離を移動したら、ストップロスの位置を変更する必要があります。

ストップロスの位置をどこに変更するかについては、厳密なルールはありません。トレーダーの裁量に委ねられています。

トレーダーは、利益が出ているときに手動で取引を終了し、価格がレジスタンスラインまで戻ってくるのを待って、そこから新たなショートエントリーを行うことができます。

今回のトレード例のように、ほとんどのトレードがレンジの端から端へと移動するのに時間がかかる場合には、非常に有効です。

まとめ

ここでは「高値・安値」戦略とは何か、その売買ルールの一例を紹介させて頂きました。

「高値・安値」戦略は初心者にとっても馴染みやすく、わかりやすいインジケーターでありながら、汎用性も高く、FXトレードを行うのに必須のインジケーターです。ここで紹介したツールを使いながら「高値・安値」戦略を是非マスターしてください。

最後になりますが、新しい戦略を導入する際には、実際の資金を投入する前に、必ず良いデモチャートでテストするようにしてください。

ピックアップ記事

  1. 【初心者も1分でわかる】MT4インジケーターの追加方法を徹底解説!

関連記事

  1. MT4

    【利幅を瞬時に把握】値幅(pips)をチャートに表示させるMT4インジケーター

    FXトレーダーが遭遇する最も便利なMT4インジケーターの一つに「Sho…

  2. MT4

    【初心者必見】誰でも簡単にできる最短MT4アラート設定方法

     MT4には、自分が選択した価格レベルに達したときにトレーダーに通知す…

  3. MT4

    【もう逃しません!絶好のエントリー機会】MT4アラート設定方法

    チャートを何時間も監視して、適切なエントリーのタイミングを待つことがで…

  4. MT4

    勝率を上げるバイナリーオプション用MT4インジケーターを使いこなす!

    「バイナリーマネージャーPA」は過去の値動きから数学的勝率を算出してい…

  5. MT4

    【初心者も1分でわかる】MT4インジケーターの追加方法を徹底解説!

    MT4のチャートの基本的な機能を理解した後は、色々なインジケーターを探…

  6. MT4

    フィボナッチリトレースメントを自動表示させるMT4インジケーターを徹底解説!

    フィボナッチ・リトレースメントとは、FXにおけるテクニカル分析の手法の…

LINE@で無料動画配信中!

最近の記事

  1. FXノウハウ

    【初心者必見】FXで失敗しないために知っておくべき知識を総まとめ
  2. FXノウハウ

    海外FXのハイレバレッジは儲かるって本当?ハイレバレッジを徹底解説
  3. 海外FX口座

    【XM対応】MetaQuoes社のヒストリカルデータをインポートする方法
  4. FXノウハウ

    【初心者必見】FXで大儲けするために必要な基本知識+準備方法を徹底解説
  5. MT4

    今日から使える!MT4インジケーター「MACD」の使用方法まとめ【永久保存版】
PAGE TOP